妊娠かも!?着床出血と不正出血の見分け方

妊娠かも!?着床出血と不正出血の見分け方

まだ生理予定日でもないのに、出血をする場合があります。

この場合、「不正出血」の可能性が高いですが場合によっては妊娠超初期の「着床出血」の可能性もあります。

では、このふたつの出血の違いにはどのような症状の違いがあるのでしょうか?

着床出血とは?

着床出血とは、精子と卵子が結びついた「受精卵」が子宮に到達した時に、子宮の中にある「子宮内膜」に傷がつくことによって起こる出血のことを言います。

着床出血の時期・期間

この段階ではまだ妊娠検査薬では陽性反応がでないため、生理なのか着床出血なのか、なかなか区別がつきづらいですが、着床出血の場合には時期としては生理予定日の1週間前から生理予定日までの間に、1~2日程度の短い期間に出血が起こります。

着床出血の色

色は薄いピンク色であったり、薄い茶色といった色をしている為、生理の時とはちょっと違うな、と感じる人もいるかもしれません。

着床出血の痛み

痛みは人それぞれですが、生理痛のような下腹が締め付けられるような痛みや、腰まで響くような痛みではなく、チクチクとした痛みを伴う場合があるようです。

この段階で、「妊娠」となるわけですので、薬などの服用は避け婦人科にかかることをお勧めします。

妊娠による「着床出血」と「不正出血」の違い

実は、この妊娠による「着床出血」と「不正出血」の見分け方は非常に難しいと言われています。

症状や出血量なども似ている為、判断がつきづらいのです。

ただ、出血した血の色が「鮮明な赤(血液)」だった場合、それは不正出血によるものだと考えてよいでしょう。

不正出血の場合、流産の可能性も!?

妊婦さんの場合、もしくは生理予定日間近の、このような鮮血が出た場合には流産の可能性があります。

この場合には、色が真っ赤な上に量が多いというのも特徴のひとつです。

このような不正出血があった場合には、すぐに病院にかかるようにしましょう。

この他に考えられる不正出血時の病気

流産以外の原因で不正出血がある場合には、以下の病気の可能性も考えられます。

  • 子宮ガン
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜炎
  • 膣炎

いずれにしても、不正出血は子宮もしくは膣がなんらかの異常を起こしている状態です。

不正出血があった際には、すぐに婦人科で検査をして貰うようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)