オリモノがピンク色になる原因の病気は?出血量、かゆみ、臭いは?

オリモノがピンク色になる原因の病気は?出血量、かゆみ、臭いは?

オリモノがピンク色になった経験ありませんか?

これは、血液が混じってる状態です。

出血量は少なくても不正出血の一種です。

かゆみや臭いが強い時は、病気の可能性を疑ってみましょう。

そこで今回は、オリモノがピンク色になる原因として考えられる病気について紹介していきます。

ピンク色のオリモノは病気のサイン?

オリモノは生理周期に合わせて色や形状を変化させていきます。

それとは違った色や形状が表れた時は、体で何かが起こっているサインでもあります。

通常は透明~白色をしているオリモノですが、ピンク色になった時は注意が必要です。

出血が起こっているサインでもあるので、体の状態をしっかりと把握しておきましょう。

オリモノがピンク色になる病気は?

少量の血液が混じると、オリモノはピンク色になります。

生理の後などは、血液が混じって茶色になることもありますが、ピンク色の場合は比較的新しい出血と考えた方がいいでしょう。

以下のような病気が考えられます。

子宮がん

「子宮頸がん」「子宮体がん」があると、不正出血を起こすことがあります。

気を付けておきたいのは、初期の段階では自覚症状が出にくいということです。

子宮がんが原因で不正出血が起きているとしたら、進行している可能性もあるということです。

子宮頸がんは、20代~30代の若い女性での発症率が高くなっています。

一方、子宮体がんは50代~60代の閉経を迎えた女性で発症しやすいのが特徴です。

子宮頸がんの場合は、ワクチン摂取での予防もできるようになってきています。

早期発見のためには、定期的に子宮がん検診を受けるようにしておきましょう。

さらに、子宮がんの時は、オリモノの臭いが強くなり、量も増える傾向にあります。

ピンク色のオリモノが続くようであれば、臭いや量にも注意して観察しておきましょう。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは、膣の入り口に良性の腫瘍ができている状態です。

膣の外にはみ出た形でぶら下がっているため、少しの刺激でも出血しやすくなってきます。

運動した後、仲良しをした後などに出血しやすいようです。

子宮頸管ポリープができる原因は、はっきりとわかっていません。

悪性化することは少ないため早急に治療が必要という訳ではありません。

ただ、放置していても問題はありませんが、自然治癒することはありません。

妊娠をした時に、妊婦健診で見つかることもあります。

医師の見解は分かれるようですが、「流産のリスク」「破水を誘発する」という意見もあるようです。

また、「出血や感染の原因」とも言われています。

出産に影響をきたすようであれば切除治療が行われます。

治療自体は、入院の必要もなく外来で「鉗子(かんし)」を使って切除することが可能です。

妊娠中に治療をする場合は、医師の説明をしっかりと聞いてから決断しましょう。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)

萎縮性膣炎は別名:老人性膣炎とも呼ばれています。

閉経を迎えた女性の発症するのが名前の由来です。

閉経に伴って、膣に常在している善玉菌が少なくなり悪玉菌が増えることで膣炎を発症しやすくなっているのです。

粘膜が炎症を起こすと、っちうは薄くなり充血を起こすようになります。

萎縮性膣炎の症状としては以下のようなものがあります。

・オリモノが悪臭を放つ
・疼痛
・灼熱感
・乾燥感
・かゆみ、掻痒感
・不正出血

症状が気になる場合は、治療が必要ですがそれ以外の場合は特に治療を必要としません。

細菌が繁殖している場合は、洗浄などが行われます。

ストレスによる不正出血

他には、ストレスによって不正出血を起こしていることもあります。

ホルモンバランスが崩れていることが原因です。

少量の出血の時はオリモノに血が混じってピンク色に見えるようです。

ただ、ホルモンバランスが崩れていると排卵障害や不妊症の原因にもなってしまうので、まずは診察を受けて、治療の有無を確認しましょう。

自分でも生活習慣を改善したり、ストレスを減らしたりするなどの工夫で不正出血を改善する努力をしましょう。

まとめ

このようにピンク色のオリモノは不正出血の一つとなっています。

萎縮性膣炎や子宮頸管ポリープのように、治療の必要がなく経過観察ですむものもありますが、子宮がんの疑いもあるということを覚えておきましょう。

自己判断が一番危険ですので、必ず病院で診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)