オリモノが少ない時期って?生理前と生理後、排卵期(排卵日)で違う?高温期は?

オリモノが少ない時期って?生理前と生理後、排卵期(排卵日)で違う?高温期は?

オリモノの量は、生理周期に合わせて変化しているというのは知っていますか?

生理前、生理後、排卵期(排卵日)によって少ない時期、多い時期と分かれているのです。

基礎体温をつけていれば、どのような変化をたどっていくか把握しやすくなります。

高温期と低温期でも分泌量が変わってくるので、その違いを紹介していきます。

オリモノが少ない時期はいつ?

オリモノは、生理周期によってオリモノが多い時と少ない時があります。

最もオリモノが少なくなるとは、生理中のようです。

ただ、この時期は経血によってオリモノを確認するのは難しくなっています。

確認できる間では、プロゲステロンの分泌量が増え始める排卵後(黄体期)が少なくなるのが特徴です。

生理前と生理後のオリモノの違いは?

生理周期によってオリモノがどう変化しているのかを把握していますか?

オリモノのパターンを知ることは、自分の体を知るためにも大切なことです。

生理周期に合わせたオリモノの変化を確認してみましょう。

生理前のオリモノ(黄体期)

・量:少ない
・色:透明~クリーム色
・粘り気:少ない、サラサラしている
・臭い:酸っぱい臭い

生理後のオリモノ

・量:少ない
・色:経血が混じり茶色~ピンク色になることもある
・粘り気:少ない、サラサラしている
・臭い:経血と混じり臭いが強くなる

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)