オリモノの生臭い・異臭、酸っぱい原因は?病気?消す方法や治療は?市販薬で治る?

オリモノの生臭い・異臭、酸っぱい原因は?病気?消す方法や治療は?市販薬で治る?

オリモノで悩みを抱えている人は多くいますが、臭いもその一つです。

生臭い、異臭がする、酸っぱい臭いを何とかしたいと思っている人も多くいるはずです。

病気が原因だと、治療が必要になります。

そこで今回は、オリモノの臭いを消す方法や市販薬で治療が可能なのかどうかについて紹介していきます。

普段のオリモノの臭いは?

正常なオリモノは臭いがありません。

とはいっても、完全な無臭という訳ではなさそうです。

もともと、オリモノは子宮や膣を細菌から守るという役割を持っています。

また、精子の侵入を助けて受精しやすい環境にするという役割もあります。

膣内の環境は、細菌の侵入によって酸性になりますが、この時、酸っぱい臭いがすることがあります。

ヨーグルト臭と言われることもありますが、細菌が増殖して臭いを発しているというよりも、細菌をやっつける時に出ている臭いです。

つまり、酸っぱい臭いがするというのは多くの女性で起こっていることであり、正常な変化と言えます。

オリモノに臭いがつく原因は?

正常な臭いの変化以外に、異臭を放つ、生臭い臭いがするということがあります。

このような状態になると、自分でも不快感が出てくるようです。

酷い時には、臭いが周囲の人に漏れ出てしまうことも…。

そうなると、気になって外出やデートが億劫になってしまいますよね。

この場合は、臭いの原因として雑菌の増殖・繁殖が考えられます。

デリケートゾーンは蒸れやすい部分ですので、一気に細菌が増えやすい環境になっています。

・デリケートゾーンの不衛生
・ストレス
・体調不良
・膣の浄化作用低下
・洗いすぎ
・ウォシュレットの使いすぎ
・病気

病気や感染症以外にも、ストレスや体調不良によって菌に対する抵抗力が低下している時も臭いが出やすくなっています。

逆に臭いが気になるからといって、石鹸で洗いすぎたり、ウォシュレット(ビデ)で洗いすぎたりしてしまうと、必要な常在菌まで流されてしまい菌を繁殖させやすい環境にしてしまいます。

デリケートゾーンの臭いを消す方法

おりもの臭いが気になる時の対処法について紹介していきます。

1、 下着をこまめに取りかえる

雑菌が増殖している時は、オリモノの量も増加します。

下着にオリモノがつき、蒸れることでさらに強い臭いを放つ原因となってしまいます。

一番いい方法は、こまめに下着を取り換えることです。

どうしても臭いが気になるという人は、この方法で臭いを抑えることができるはずです。

 

2、 原因となっている病気を治療する

臭いの原因となっている病気があるのであれば、治療をするしかありません。

オリモノに臭いが出る時は、感染症の疑いが強くなります。

特に、臭い以外にも「オリモノの量が増えた」「オリモノに色がついている」「かゆみがある」「痛みがある」という症状が出ている時は要注意です。

臭いの悩みだけではなく、将来不妊症を引き起こしてしまうこともあるので、早めに対処することが大切です。

オリモノの臭いが気になる時のNG行動

・1日に何度も石鹸で洗う
・膣の中まで石鹸を使う
・ビデ(ウォシュレット)を使いすぎる

臭いが気になると、どうしても強く洗ってしまいがちです。

ただ、デリケートゾーンには膣や肌を守るために必要な善玉菌も多く存在しています。

その菌まで洗い流してしまうと、ますます悪玉菌である雑菌を繁殖させる原因となってしまうので注意しましょう。

まとめ

オリモノの臭いが気になる時は、まずどこに原因があるのかを見つけましょう。

そのためには、婦人科で検査をしてもらうのが一番です。

原因となっている病気がある場合は治療をすることで改善されるはずです。

治療とともに、臭いを消す方法を試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)