生理前と妊娠中のオリモノの臭いは?妊娠初期、妊娠後期の臭いは違うの?

生理前と妊娠中のオリモノの臭いは?妊娠初期、妊娠後期の臭いは違うの?

妊娠中は、ホルモンバランスが変わる関係でオリモノも変化していきます。

生理前と妊娠初期、妊娠後期でどのような変化が起こるのか気になりますよね。

今回は、特にオリモノの臭いの変化について紹介していきます。

妊娠後のオリモノの変化

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が変わってきます。

特に、エストロゲンは大量に分泌されるようになり、オリモノの量も増えるのが特徴です。

一方で膣内の抵抗力は落ちてくるのが特徴です。

生理前のような白い粘り気のあるオリモノが出ている分には問題ありませんが、ボソボソとしたカッテージチーズ状のものが出ている時は要注意です。

カンジダ膣炎を発症している可能性もあります。

妊娠中は、オリモノの変化を注意して観察しておきましょう。

妊娠中にオリモノが増えた人はなんと7割以上

女性の体はデリケートです。ホルモンバランスが崩れがちな妊娠期は、多くの変化が見られます。

その中でも、オリモノの量が増えたと感じた女性はなんと7割以上もいるようです。

量が増えたと同時に、臭いが気になることも増えてきます。

妊娠初期は臭いが減る?

妊娠初期では、オリモノの臭いが減ったと感じることがふえてくるようです。

その理由は膣内のpHと関係しています。

妊娠前は、膣内のpHは酸性に傾いています。

しかし、妊娠すると酸性からアルカリ性に傾くため、酸っぱい臭いがなくなり無臭に近いと感じることが多きようです。

ただ、アルカリ性に傾くというのは細菌が増えやすくなるということでもあります。妊婦さんがカンジダ症を発症しやすくなる原因もここにあります。

妊娠後期のオリモノの変化に要注意!

妊娠後期はエストロゲンの分泌量がさらに増えるため、オリモノの量も増えていきます。

デリケートゾーンが蒸れやすく、膣内に細菌が繁殖しやすい環境です。

臨月を迎えてからは、いつ産まれてもいい状況にありますが、感染症を引き起こさないように注意しておきましょう。

生臭い臭いは「破水」の可能性も!

妊娠の兆候として破水があります。赤ちゃんが入っている膜が破れることを破水といい、その成分は「羊水」です。

大量に出ることもありますが、中にはオリモノと見分けがつきにくいこともしばしばあります。

羊水の場合は、生臭いにおいをしているので、一つの目安にしておくといいでしょう。

破水の場合は、すぐに病院に連絡し受診することが大切です。

すぐに入院、出産となるので入院セットも一緒に持っていくといいですよ。

病気の可能性は?

妊娠中も、感染症には注意が必要です。

細菌性膣炎

妊婦さんが発症しやすい感染症の一つに細菌性膣炎があります。

膣の自浄作用が低下しているため、悪玉菌が増殖しやすくなっています。

妊娠中に発症し、放置していると「絨毛膜洋膜炎」を引き起こしてしまいます。

早産の原因にもなっているので、オリモノに異常を感じた時は、病院で相談することが大切です。

オリモノは、魚の腐敗臭、灰色になるといった変化をおこします。

クラミジア感染症

クラミジア感染症は妊娠中でも、関係を持つことによって発症します。

少女としては、オリモノの臭いが強くなる、黄色になる、量が増えるという特徴がありますが無自覚の人が多いのも事実です。

初めの妊婦健診の時に検査もありますが、その後の発症もあり得るということを覚えておきましょう。

妊娠中の感染は、胎児の肺炎、結膜炎の原因になってしまいます。避妊具を使うことで予防になります。

オリモノに敏感になろう!

オリモノの変化は、子宮や膣、女性ホルモンの変化を表しています。

そのため妊娠中は特に注意して観察しておきましょう。

そうすることで、感染症や病気などにいち早く気がつくことができるはずです。

まとめ

いかがでしょうか?

妊娠中にオリモノが変化するのは正常なことです。

ただ、その変化が病気や感染症のサインとなっていることもあります。

妊娠初期から妊娠後期まで、オリモノはその都度変化していくので注意深く観察しておくことをお勧めします。

臭いが強い、量が増えた、かゆいといった症状が出てきた時は必ず産婦人科で担当医に相談しましょう。自分の身体だけではなく、胎児を守るためにも大切です。

身体からのサインとなっているので、見過ごさずにしっかりと対処するようにしましょうね。

破水との区別がつかない時も、すぐに連絡をしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)