黄色、黄緑色・緑色、茶色のオリモノの塊がでる原因は?白い、透明が正常?

黄色、黄緑色・緑色、茶色のオリモノの塊がでる原因は?白い、透明が正常?

オリモノが急に、黄色や黄緑・緑、茶色に変化したことはありませんか?

このようなオリモノがでる時は、子宮などで異変が起きているというサインになっています。

本来、オリモノは白い、透明の色をしているはずです。

特に色がついた塊(かたまり)が出ている時は要注意です。

黄色のオリモノの塊(かたまり)

黄色のオリモノは、体になんらかの異変が起きていることのサインです。

もしかすると何らかの病気にかかってている可能性があります。

例えば子宮内膜炎

炎症を起こしている時も、黄色のオリモノがでます。細菌が原因となっているため、膿のようなオリモノが増えてきます。

炎症が広がると下腹部痛、腹痛、発熱を伴います。

茶色のオリモノの塊(かたまり)

茶色のオリモノの塊(かたまり)は、生理後によく見られます。

他には、閉経間近の更年期でもよくみられるものです。

不正出血

茶色のオリモノは血が混じっている証拠です。

生理後以外に見られるようであれば、不正出血といえるでしょう。

更年期に入ると不正出血が多くなるのは普通のことです。

量が多いと塊のように見えることもありますが、40代後半~50代の女性の場合は心配いらないでしょう。

ただし、閉経を迎えた後であれば少々心配です。

子宮がんといった重篤な病気が隠れていることもあるので早い段階で病院に相談に行くようにしましょう。

ストレスが原因

ストレスが原因となり、ホルモンバラスが乱れると不正出血を起こしてオリモノに血が混じることもあります。

排卵前後は白いオリモノが塊として出てきますが、これに血が混じると茶色の塊に見えることもあります。

生活習慣が乱れている人やストレスが溜まっている人はしばらく様子をみてみましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)