排卵とオリモノの塊(かたまり)の関係は?生理前、妊娠、臨月で変わるの?

排卵とオリモノの塊(かたまり)の関係は?生理前、妊娠、臨月で変わるの?

オリモノには、女性の体調が表れます。

生理周期に合わせて変化していますが、中でも特徴的なのは生理前の排卵の時期です。

白い塊のものが出ますが、心配の必要はありません。

帆また妊娠することでも変化が起こり、臨月に入るとオリモノの量も増えてきます。

そこで今回は、どんな時に白いオリモノの塊が出るのか?について紹介していきます。

排卵期のオリモノは白い?

白いオリモノの塊が出てきて不安になったことはありませんか?

そんな時は「基礎体温」をつけてみましょう。

排卵期には、オリモノが白くなるのは通常の変化です。

生理前は透明のオリモノも量が増えることで白い色に見えるようになってきます。

排卵期にこのような変化が起こるのは、受精をサポートする働きをもっているためです。

女性ホルモンの量とも比例しているため、20代、30代の女性で顕著に変化が見られます。

10代の女性ではまだホルモンバランスが安定しておらず、変化が起こらない時もあります。

年齢を重ねるうちに、変化が起きてきたとしても、それはホルモンの分泌量が増えたということを意味しているので心配しすぎないようにしましょう。

逆に、40代後半~50代になるとオリモノの量も少なくなってきます。

妊娠初期のオリモノは?

妊娠初期もオリモノが増えてくる時期の一つです。

これにも女性ホルモン(エストロゲン)が関与しています。

エストロゲンが増えることでオリモノの量が増えて、白い塊が出ることもあります。

また、不正出血も起こりやすいので茶色のオリモノが出ることもあります。

妊娠初期は体調を崩しやすい時期です。

不安が強い時やかゆみ・腹痛などの症状がある時は、担当の先生に相談しましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)