生理前、排卵前・排卵後のオリモノの変化は?妊娠や高温期では?更年期でどう変わる?

生理前、排卵前・排卵後のオリモノの変化は?妊娠や高温期では?更年期でどう変わる?

オリモノは、生理前、排卵前・排卵後で変わってきます。

エストロゲンの影響を受けているため、妊娠や更年期で変化が起こるのも当然です。

生理周期に合わせて変化していくので、基礎体温をつけていれば、どのタイミングでオリモノが変化していくのかも分かるはずです。

そこで今回は高温期や低温期のオリモノの変化について紹介していきます。

生理周期別オリモノの変化

個人差がありますが、オリモノは生理周期によって変化しています。

量や色に違いはありますが、基本的なオリモノの変化パターンは同じです。

自分の体調を管理するためのバロメーターないなるため、その変化をぜひ知っておきましょう。

生理前

生理前はオリモノが増える時です。酸っぱいにおいが強くなるのも特徴です。

粘り気も少なく、量も一番少なくなっています。

排卵前

排卵前は、もっともオリモノの量が少なくなる時です。粘り気のないさらっとしたオリモノに変化していきます。

排卵日になると、オリモノは強い粘り気をおびて、白色~クリーム色になります。

排卵後

排卵が起きる時は、オリモノの量が増えますが排卵後になると再び量は少なくなります。

そして、しばらくすると生理が始まります。

妊娠でオリモノの量が増える

妊娠をすると、エストロゲンが増えます。それと同時にオリモノの分泌量も増えてきます。

妊娠初期から妊娠後期になるまで女性ホルモンの分泌はさらに増えていき、オリモノの量もそれに比例しています。

高温期が続いている時は、妊娠の可能性も考えてみましょう。

更年期のオリモノはどうなるの?

更年期になると、女性ホルモンの分泌量が一気に減るため、オリモノの量も同時に少なくなっていきます。

量は減りますが、膣内の浄化作用が低下するため細菌感染を起こしやすくなっている状態です。

更年期に入ってからオリモノが増えた時は、感染症の疑いもあるということを覚えておきましょう。

老人性膣炎に注意!

老人性膣炎は、委縮性膣炎とも呼ばれています。

加齢に伴う変化ですが、膣が委縮することで茶色・茶褐色のオリモノも出やすくなっています。

自浄作用が猊下することで病気にかかる割り合いも高くなっていきます。

こんな時はすぐに病院へ!

オリモノが臭い、臭いが強くなったという時や、色のついたオリモノが出る、不正出血が起きたという時は、病気の疑いが強くなります。

子宮がんのサインになっていることもあるので、病院で検査してもらうようにしましょう。

白いボソボソしたオリモノはカンジダ症

女性ホルモンの影響を受けているオリモノは、年代によって分泌される量も変わります。

10代ではまだ少なく、20代~30代でピークを迎えます。

40代後半になってくると次第に量は減り、閉経後はかなり少なくなるのが特徴です。

しかし、年代に関わらず発症のリスクがあり、同じような症状が見られるものにカンジダ症があります。

白いボソボソ・ボロボロしたオリモノが出た時はカンジダ症を疑いましょう。

ストレスや疲れから発症することも!

ストレスや疲れ、風邪・病気が原因となって発症することもあります。

体が弱っている時になりやすいのです。

バランスのいい食事やしっかり睡眠をとることで、免疫力を上げるようにしましょう。

不規則な生活習慣もリスクになるので、規則正しい生活を心がけましょう。

まとめ

オリモノが生理周期や妊娠によってどのように変化していくのか分かりましたか?

パターンを把握しておくと、体調のバロメーターとして使えます。

人には言えない悩みとして、「オリモノの変化」に不安を抱いている女性は多くいます。

自分で変化に気が付き、対処することが大切です。

ホルモンバランスを整えることも大切です。

体調が崩れているのは、不規則な生活からバランスが乱れてしまっているせいかもしれません。

ストレスを減らす、しっかり睡眠をとる、運動をする、栄養をしっかりとるということを意識するようにしましょう。

いつもと違う状態の時は、婦人科を受診して先生に相談してみましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)