オリモノで分かる妊娠の前兆・兆候とは?妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期では?

オリモノで分かる妊娠の前兆・兆候とは?妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期では?

妊娠すると、体調だけではなくオリモノにも変化がおきてきます。

どのような変化をするのかが分かっていれば、妊娠の前兆・兆候を見抜くことができるはずです。

生理がある時のオリモノとどのような違いがあるのでしょうか?

妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期でも違ってくるので紹介していきます。

妊娠初期に見られる変化は?

生理が近づいてくると腹痛や頭痛、腰痛を伴うことがあります。

生理前症候群(PMS)でもよく見られる症状ですが、妊娠初期にもおこる変化となっています。

似ている症状が多いですが、妊娠初期に起こり得る症状には以下のようなものがあります・

下腹部痛・腹痛

妊娠をしていた場合は、生理予定日の前から下腹部痛やお腹の張りを感じてきます。

生理痛とは違い、痛みというよりも「違和感がある」というイメージです。

不正出血

不正出血をすることもありますが平均して2~3日が多いようです。

中には1週間続く人もいます。

乳首痛

刺激を感じやすくなり、乳首痛など敏感になってきます。

下着とこすれるだけで痛みやかゆみが出るので妊婦さん用の下着を身につけるようにしましょう。

腰痛

お腹が大きくなってきていなくても、受精が成立し着床した段階から腰には負担がかかってきています。

微熱(高温期)が続く

妊娠していない時は、低温期に移行しますが高温期の状態が続き、微熱があるような感覚に陥ります。

そのため、体がだるい、風邪っぽいと感じることも多いようです。

オリモノの変化は?

生理が遅れている時にオリモノに以下の変化があるときは、妊娠の兆候・前兆かもしれません。

・オリモノの量が増える
・粘り気がなくなりサラサラになる
・茶色やピンク色になることがある

排卵期のオリモノとは違った特徴を持っています。

茶色やピンク色のなることもよくありますが、血が混じっている時は流産の可能性も考えられます。

必ず病院で相談をするようにしましょう。

妊娠中期のオリモノ

妊娠中期に入るとますますオリモノの量は増えてきます。

菌が繁殖しやすい環境にあります。

蒸れやすくなるので、清潔に保つ工夫をしましょう。

明らかに異変がある時は産婦人科の先生に相談することが大切です。

妊娠中でも膣炎や感染症にかかってしまうこともあるためです。

胎児にも影響を与えてしまうので、放置しないようにしましょう。

妊娠後期のオリモノ

妊娠28週以降の妊娠後期に入ってくると、出産準備として体は大きく変化してきます。

妊娠初期から少しずつ増えてきたオリモノの量は妊娠後期にピークを迎えます。

分泌された頸管粘液は、お産を助ける作用や、雑菌の増殖・侵入を防いで胎児を守る働きも持っているのです。

妊娠中は血の混じったオリモノに要注意!

妊娠中、特に妊娠初期は「流産」のリスクが高い時期です。

流産のうち9割りが妊娠初期に起きていると言われています。

染色体異常など胎児に問題があるものも多いでうすが早期に対処することで防げるものもあるので注意しておくとが大切です。

初期流産で見られる症状

初期流産の場合は、流産が起こる前に兆候が見られることがあります。

・つわりが急におさまる
・不正出血がおきる
・血の混じったオリモノが出る
・腹痛
・腰痛

上記のような症状は、流産が起こる時に見られる症状です。

お腹の張りや痛みを感じる時は出血の有無に関係なく受診するようにしましょう。

また、症状がなく不正出血や血の混じったオリモノが出た時も同様です。

素早い対処が必要となります。

流産を予防するには?

流産を防ぐ栄養素として「葉酸」があります。

葉酸は胎児の成長を促す役割を持っていますが、通常の食事では補うのが難しいものです。

産院などでも葉酸のサプリメントを摂取することが推奨されています。

妊娠初期に最も必要とされている栄養素ですので、妊娠が分かったら意識して摂取するように心がけましょう。

禁煙する

タバコは、流産や早産の原因になっています。

母親の喫煙はもちろんのこと、間接喫煙、副流煙も問題になっています。

まとめ

妊娠するとオリモノは変化をします。

どんな風に変化していくかを知ることによって、いち早く妊娠に気が付くことも可能です。

妊娠初期の流産のリスクを知らせてくれることもあります。

流産の原因はほとんどが胎児側に問題がありますが、母体もリスクにさらされてしまいます。

気が付いた時は、すぐに産婦人科で相談・対処してもらいましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)