生理前のオリモノの特徴は?量は多い?少ない?臭いは?サラサラしてるの?

生理前のオリモノの特徴は?量は多い?少ない?臭いは?サラサラしてるの?

生理周期に合わせてオリモノが変化しているということを知っていますか?

量が多いのか?少ないのか?臭いはどうなのか?を知ることで、そこから自分の生理周期が今どの段階なのかを把握することもできるはずです。

生理前のオリモノは、サラサラしているのが特徴となっています。

生理前のオリモノの変化ってどんなの?

一般的に、生理前というと生理が始まる2~3日程度をさしていますよね。

しかし、生理周期で見てみると、黄体期と呼ばれる時期が生理前の時期にあたります。

さらに詳しく言えば、排卵期~生理が始まる前までの期間です。

この時期に入ってくると、腹痛や腰痛、イライラといった生理前症候群(PMS)の症状が出る人も多くなってきます。

オリモノの特徴は?

・排卵期から生理に向けてオリモノは少なくなっていく
・白い色に変化していく
・臭いは強くなる
・酸っぱい臭いがする
・粘り気がなくサラサラしている

上記のような変化がありますが、個人差があるので全てが当てはまる訳ではありません。

ただ、排卵期以前と比べると何らかの変化はあるはずです。

オリモノの量が多い、少ないというのは、女性の悩みでも多いものです

不安になってしまった場合やどうしても気になるという時は、婦人科で相談するようにしましょう。

その他の生理周期のオリモノは?

オリモノの変化に気がつくためには、その他の生理周期のオリモノの状態も把握しておかなければいけません。

そこで、生理周期に伴うオリモノのパターンを紹介していきます。

生理期(月経期)

生理がある状態、つまり出血、経血が出ている期間のことです。

・オリモノの量は少ない
・粘り気は少なくさらりとしている
・血液が混じり、茶色・ピンク色になる

生理期間中のオリモノは上記のような特徴を持っています。

ただ、出血が起こっているためこのようなオリモノの変化に気が付くことは少ないでしょう。

卵胞期

卵子をつくっている期間であり、子宮内膜が次第に厚くなっていく時期です。

・オリモノの量はもっとも少ない
・粘り気は少ない
・白色~乳白色になる

生理周期の中でもオリモノの量が一番少なくなる時期です。

排卵期

卵胞期で作られた卵子が、排卵期になると卵巣から飛び出してきます。

受精をするのに最も向いている時期です。

・オリモノの量は最も多い
・粘り気が強い
・ベタベタしたオリモノになる
・透明
・ゼリー状、ドロドロした状態

生理周期の中では、最も特徴的なオリモノをしています。

粘り気の強いドロドロしたオリモノに変化し、指でつかめる状態になります。

排卵出血が起きた場合は、血液が混じりピンク色のオリモノが出ることもありますが、1日~3日でおさまります。

ストレスを受けやすい

オリモノは、ストレスや身体の疲れから量が増えることもあります。

臭いや色にも違いが出てくることがあり、体調のバロメーターにもなっています。

オリモノ自体は、ほとんどの女性で見られるものであり、病気ではありません。

ただ、量が多すぎる、臭いが強すぎる場合は体調が崩れているのかもしれません。

妊娠にも関わる期間であるため、問題を抱えている場合はすぐにでも対処することが必要です。

規則正しい生活を送りましょう

ホルモンバランスが崩れてしまうと、精神的にも身体的にも悪影響を与えてしまいます。

寝不足が続くとイライラしたり、頭が痛くなってしまうのはバランスが乱れてしまっているからです。

夜更かしをしている人、昼夜逆転の生活をしている人、深夜勤務をしている人が生理不順になりやすいのも、体内のリズムが崩れているためです。

起きたらまず太陽の光を浴びる、早寝早起きを心がけるなどの工夫をするようにしましょう。

風邪をひいている時のオリモノ

風邪をひいている時も、オリモノは変化します。臭いが強くなることもありますが、風邪がなおれば元に戻ることがほとんどです。

白いカッテージチーズ状のオリモノが出て、あきらかに異常な場合は、治療をする必要があるかもしれません。

病院に行くことをおすすめします。

まとめ

生理前のオリモノは、

・臭いが強くなる
・量が少なくなる

というのが特徴です。

ホルモンバランスが崩れている人でも、オリモノは臭いが強くなったり色がつくことがあります。

生理周期が乱れている人、生理不順の人はオリモノの変化にも注意して観察しておきましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)