生理後のオリモノの状態は?多い・増える?臭いや粘りは?

生理後のオリモノの状態は?多い・増える?臭いや粘りは?

オリモノの状態は、体調の変化を敏感に感じ取って変化していきます。

もちろん生理周期で量が増えたり、粘りが出たり、臭いが出てきたり…といった具合に。

そこで今回は、生理前と生理後ではどのような変化をしているのかについて紹介していきます。

生理前と生理後の変化

生理前と生理後でオリモノが変化するのは、オリモノに役割があるからです。

元々、オリモノは、「浄化作用」と「受精のサポート」という2つの異なった役割を担っています。

基本的には、細菌から守り、清潔にしておく作用があるのですが、排卵が近づいてくると受精がしやすいようにサポートするようになるのです。

生理後のオリモノの状態

生理が終わってすぐのオリモノは、水っぽいサラサラしています。

排卵の時期になると、オリモノは白っぽく変化し、さらに粘り気を増してくるのが特徴です。

これは、精子が膣の奥まで侵入しやすくするためです。

また、妊娠しやすい環境を整えるために、細菌の侵入を強固に防ぐ働きもあります。

量はどうなる?

オリモノの量も、生理周期で変化してきます。

生理前からオリモノの分泌量は少なくなってきますが、実は生理中のオリモノもわずかに分泌されています。経血に混ざって気が付いていないだけなのです。

生理後から徐所に量は多くなってきて、排卵期を迎えるタイミングで量はピークに達します。

下着にべっとりとついてしまう期間があれば、排卵期に入っていると考えていいでしょう。

臭いは?

基本的に、オリモノは臭いが少なく悪臭を放っている時は感染症が疑われてます。

しかし、ヨーグルト臭やすっぱい臭いがすると感じている人も多くいるはずです。

これは、膣が酸性に保たれているために発生している臭いであり、特に心配する必要はありません。

生理後は、血が混じったようなにおいがすることもありますがしばらくするとおさまります。

生理後のオリモノで気をつけた方がいいもの

体調を崩している時や、感染症にかかっている場合は生理後のオリモノも変化していきます。

オリモノの変化を知り、早期発見・早期治療できるように心がけましょう。

婦人科を受診した方がいいもの

・水っぽいオリモノが増える
・黄色~黄緑色のオリモノが出る
・ボロボロした白いオリモノが増える
・泡立ったオリモノが増える

上記のものは、感染症が疑われる状態です。

水っぽいオリモノは「クラミジア感染症」、黄色~黄緑色のオリモノは「淋菌感染症」、白いボロボロ・ボソボソしたオリモノはカンジダ症でよく見られる症状です。

いずれも、放置しておくと膣炎や卵管炎を併発してしまう危険性があります。

不妊症の原因、激しい腹痛・発熱の原因になってしまうので、症状が出ている人は婦人科を受診して検査してもらうようにしましょう。

病気が原因の可能性があるもの

・茶色~茶褐色のオリモノが生理後1週間以上続く
・不正出血が出る

このような時は、子宮や卵巣に何らかの病変が潜んでいる可能性があります。

生理後は茶色のオリモノやオリモノの塊が出ることも珍しくありません。

ただ、それが1週間以上も続く時は病院で相談することが大切です。

子宮筋腫、子宮内膜症を患っていると分かっている人も不正出血が続いている場合は相談することをお勧めします。

生理後痛とは?

生理後痛とは、生理が終わったのにも関わらず下腹部痛、子宮痛が続くことをいいます。

生理痛は、生理前~生理中に起こることがほとんどです。

生理後痛が起きる場合は、ホルモンバランスが崩れているのかもしれません。

漢方薬を使ってみましょう

ホルモンバランスが乱れている人は、体内環境の全てが乱れている可能性もあります。

生活習慣や食生活の改善、睡眠をたっぷりとるということが大切ですが、体質改善も重要です。

冷え性を改善したり、代謝をあげることで血流がよくなり、ホルモンバランスも整ってくるはずです。

漢方薬には、女性の不調を整えるものがたくさんあります。

西洋医学の薬とは違い、副作用もほとんどありませんので上手に利用していきましょう。

まとめ

生理前と生理後でオリモノが変化するのは自然なことです。

・茶色のオリモノが出る
・サラサラしたオリモノが出る

というのは、生理後のオリモノの特徴なので心配はいりません。

ただ、生理が終わってから1週間以上も茶色~茶褐色のオリモノが出る場合は違う原因を考える必要があります。

念のため、婦人科で相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)