ピル服用中や服用後のオリモノはどう変化?血が混じるのは副作用?

ピル服用中や服用後のオリモノはどう変化?血が混じるのは副作用?

ピルには女性ホルモンが含まれているため、服用することで体内のホルモンバランスは変化します。

その影響で服用中や服用後はオリモノにも変化が見られるようです。

副作用として血が混じることもありますが、自己判断で服用中止してしまうのはトラブルの元です。

一度飲み始めたら、できる限り最後まで飲み続けるようにしましょう。

低用量ピルとは?

一般的に使われている「ピル」というのは、低用量ピルのことです。

他にも中用量ピル、高容量ピルがありますが、副作用が強いため避妊や生理周期を安定させる目的の場合は低用量ピルが使われています。

低用量ピルの中には、少量の女性ホルモンが含まれており、50μグラム未満のエストロゲン含有量のものを指しています。

他のピルとの違いは?

・中用量ピル:エストロゲン含有量50マイクログラム
・高容量ピル:エストロゲン含有量50マイクログラム以上のもの

低用量ピルの種類

低用量ピルにも様々な種類のものがあります。ピルに含まれているホルモンは、エストロゲンだけではなくプロゲステロンも入っています。

この2つのホルモンバランスによって種類が分かれているのです。

段階型ピル

段階ピルはさらに「二相性ピル」「三相性ピル(中間増量型)」「三相性ピル(漸増型)」に分類されています。

ピルを服用する段階ごとに、ホルモンの含有量が異なっているのが特徴です。

そのため、服用するのを忘れたり、飲み間違ってしまうとホルモンバランスを崩したり、副作用を引き起こす原因となってしまいます。

生理周期を安定させる目的の場合に使われています。

服用の際は、処方箋の指示にしっかりと従いましょう。

(段階型タイプのピル)
・アンジュ
・トリキュラー
・ラベルフィーユ
・オーソ777
・シンフェーズT

一相性ピル

一相性ピルは、エストロゲンとプロゲステロンが同じ分量だけ入っているものです。

(一相性タイプのピル)
・マーベロン
・フォアボワール
・オーソM

ピル服用中のオリモノって?

ピルを服用することでオリモノも変化するって知っていましたか?

ピルを使う前にオリモノがどう変化するのかを確認しておきましょう。

排卵を止めることによる影響

ピルを服用すると、オリモノは粘りがなくサラサラとした状態に変化します。

色は、透明~乳白色です。

また、量も少なくなるのが特徴です。閉経と同じ状態になるため、一時的にオリモノが全く出なくなるということもあります。

逆にオリモノが濃くなるケースもあります

しかし、全く逆にオリモノが濃くなるという人もいます。

これは、ピルに少量含まれているホルモンによって排卵期のような状態になることがあるためです。

粘りの強い、白いオリモノが出るのが特徴です。

正しく服用していれば、排卵自体は止まっているので妊娠する心配はいりません。

ピル服用後のオリモノは?

ピルを服用した後は、元通りに排卵が再開します。

オリモノも排卵前の状態と同じような粘りの強い白っぽいものに変化します。

ピル服用中に血が混じるオリモノが出たら?

ピルを服用している時に、不正出血が起きることがあります。

ホルモンバランスが一時的に崩れている状態になるため、服用直後に起こりやすい変化です。

そのままピルを服用するようにしましょう。

心配な場合は、処方してもらった病院で相談するといいでしょう。

ほとんどの場合は、心配の必要はなく1ヵ月程度で症状は治まるようです。

自己判断でピル服用を中断する方が、後々トラブルになるので注意しましょう。

ピルを服用中止したらオリモノはどう変化する?

ピルを飲み始めたら、処方されている分だけ飲み切る必要があります。

途中で中断してしまうとホルモンバランスが大きく崩れてしまうからです。

オリモノに血が混じる?

よく見られる症状としては、オリモノがピンク色になる、血が混じるというケースです。

これは、ホルモンの影響を受けて子宮内膜が剥がれ落ちていると考えられています。

ピルを中断したい場合は、病院の先生に相談してから決めることをおすすめします。

ピルの影響を受けているのであれば、数日で症状は治まるはずですのでしばらく様子を見てみましょう。

それでも、血が混じった状態が続いていれば何らかのトラブルが起こっている可能性があります。

必ず、病院を受診するようにしましょう。

まとめ

ピルを服用する時は、自分がどのタイプのピルを使っているのかを知ることも重要です。

副作用でオリモノにも変化が見られるので、神経質になりすぎないようにしましょう。

ピル服用によって異変を感じた時は、主治医に相談することをおすすめします。

自己判断で服用を中断しないことが大切です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)