黄色の粘りのオリモノは病気?かたまり・サラサラの時は?かゆみがある時どうする?

黄色の粘りのオリモノは病気?かたまり・サラサラの時は?かゆみがある時どうする?

オリモノは、生理周期によって粘りがあったりサラサラだったりと変化します。

もし、それが黄色であり、かゆみを伴う時は注意が必要です。

そこで今回はオリモノが黄色の時の状態変化によってどのようなことが分かるのかを紹介していきます。

黄色のオリモノが出てかゆみを伴う場合

黄色のオリモノが続く時は、細菌感染が疑われます。

かゆみが出ている時は、何らかの病気に感染しているとして早めに病院を受診しましょう。

かゆみが出る病気は?

・トリコモナス膣炎

感染源は温泉やプールなどの公共施設の場合もあり、症状としては、かゆみ・ただれ・排尿痛がよく見られます。

感染してから発症するまでは5日~1ヵ月と差がありますが、炎症を起こして不妊症の原因にもなってしまうので早めに治療を受けましょう。

タンポン使用によるかゆみ

膣内部に存在する常在菌が増えてもかゆみが出ることがあります。

長時間タンポンを使用している人でかゆみがある人は、雑菌が増殖している場合も。

経血が漏れないという点では、便利ですがこまめに交換することが大切です。

黄色のオリモノが出てかゆみなしの場合

クラミジア感染症

クラミジア感染症は、日本で最も感染率・発症率の高い病気と言われています。

特に若い世代で増えています。

症状としては、オリモノの増加・腹痛・不正出血と言われていますが、症状がない人が半数以上を占めており、気が付かないうちに感染しているケースが多いようです。

黄色のオリモノが増えたり、量が増えたと感じた時は、念のため婦人科で検査を受けるようにしましょう。

ピルを服用していませんか?

ピルは、避妊や生理を安定させる目的で使用されます。

また、生理日をずらすために使われることもありますよね。

しかし、副作用として免疫力が低下してしまうケースもあります。

そうすると、膣内で雑菌が繁殖して黄色のオリモノが出ることがあります。

初めのうちはかゆみがないこともあるのですが、黄色のオリモノが出はじめたら担当の先生に相談してみましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)