外陰炎・カンジダ膣炎・トリコモナス膣炎・バルトリン腺炎などの症状と治療法

外陰炎・カンジダ膣炎・トリコモナス膣炎・バルトリン腺炎などの症状と治療法

女性特有の病気ともいえる「膣の病気」。感染症であるカンジダ膣炎やトリコモナス膣炎の他にも、外陰炎・膣炎、クラミジア感染症、バルトリン腺炎など様々な種類の病気があります。膣の病気は放っておくと、卵管や卵巣にまで炎症が広がることもあり、不妊症の原因となってしまいます。これらの症状がどのようなものかをしっかりと把握して、症状がでたら早いうちに治療をするようにしましょう。

膣の病気「外陰炎・膣炎」とは?

外陰炎・膣炎とは、陰部が炎症を起こし、かゆみがある病状のことを言います。通常、膣内には乳酸菌の一種であるラクトバチルスという常在菌により酸性に保たれています。それによって、外陰部や膣内に細菌が入ってくるのを防いでいるのです。

しかし、風邪や病気によって免疫力が低下していると膣内が酸性から中性に傾き、菌が侵入しやすくなってしまいます。また営みなどを繰り返しているうちに膣内が中性に傾くことも原因の一つです。

他には、デリケートゾーンを清潔にしていないことも原因となります。多くの場合、膣炎から炎症が広がり外陰炎も同時に発症しているということが多いようです。

下着のこすれなどが原因で外陰炎を引き起こすケースもあり、この場合は外陰炎が原因で膣炎まで拡がるということもあります。外陰炎・膣炎を引き起こしている場合は、オリモノの量が多くなる、オリモノの臭いが生臭くなるなどの症状が見られます。

膣内に薬を投与する治療によって、完治させることができるので、このような症状が見られたらすぐに婦人科を受診するようにしましょう。

膣の病気「カンジダ膣炎」とは?

カンジダ膣炎とは、カンジダ菌という真菌の一種に感染することで引き起こされる病気です。カンジダ菌はカビの一種であり、正常の状態でも膣内に常在菌として存在しています。しかし、免疫力が落ちているとカンジダ菌が増加し、膣炎を起こしてしまいます。

カンジダ膣炎の症状で多いのは、オリモノの異常と外陰部または膣内の痒みです。オリモノがヨーグルト状、酒粕状になるのが特徴です。

このようなオリモノが見られ、かゆみを伴う場合はカンジダ膣炎を発症している可能性が高いので、すぐに婦人科で診察を受けるようにしましょう。治療には、膣内洗浄と抗真菌役の膣内投与が一般的です。

膣の病気「トリコモナス膣炎」とは?

トリコモナス膣炎は感染症の一つです。膣の中にトリコモナス原虫が寄生することで引き起こされます。膣炎と名前がつくことから女性にしか発症しない病気と思われがちですが、まれに男性にも感染することがあります。

ですから、自分が感染しているとパートナーに移ることもあります。自分だけ治療をしてもパートナーが感染していれば、またトリコモナス原虫が移り感染する可能性もあります。この病気はパートナーがいる場合は2人で検査を受け、治療をすることが大切です。

トリコモナス膣炎でよく見られる症状は、オリモノの異常な変化です。悪臭がする、オリモノに色がついている場合はトリコモナス膣炎が疑われます。その他では、営み時に痛みを感じる、排尿痛などもあります。

治療法としては、抗トリコモナス剤(メトロニダソール)の内服が一般的です。膣の病気は放っておくと、炎症が卵管や卵巣、子宮内にまで広がり不妊症の原因となってしまうので、早めに受診・治療をしましょう。

膣の病気「クラミジア感染症」とは?

クラミジア感染症は感染者が多いと言われています。その罹患率は日本内だけでもなんと100万人以上にものぼると言われている病気です。

膣の病気ですがこれもトリコモナス膣炎と同様に男女とも発症する可能性のある病気です。パートナーのどちらか片方が発症していると、知らないうちに感染しているケースも多くみられます。

クラミジア感染症と診断された場合は、パートナーと共に検査・治療を受けるようにしましょう。

クラミジア感染症の症状としては、おりものが増加する、不正出血が起こる、下腹部痛、営みの痛みなどがあります。

しかし、クラミジア感染症は、感染していても半数以上の人は症状を感じることがなく、そのまま放っておくことが多いようです。そうすると、気がつかないうちに、不妊症の原因となってしまうことがあります。

治療にはクラミジアに効果のある抗生剤(マクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系)などの服用が有効です。

膣の病気「バルトリン腺炎」とは?

バルトリン腺とは、膣の入り口付近に存在し分泌液を出している腺のことです。この部分になんらかの原因で細菌が侵入することで、バルトリン腺がつまり、炎症を引き起こしてしまいます。

そのまま放置しておくと、膿が溜まり「バルトリン腺膿瘍」となり、さらに粘液が分泌できなくなり溜まった状態になると「バルトリン腺嚢胞」と呼ばれるようになります。悪化するほど、治療が難しくなりますので、早いうちに治療するのがおススメです。

症状としては、外陰部の腫れ、痛み、かゆみがあります。ほとんどの場合、外陰部の片方が腫れることが多いですが両方腫れてしまうこともあります。外陰部のかゆみや腫れの場合、病院で受診することをためらう女性が多いですが、放っておくと不妊症の原因になってしまいます。

また、酷い痒みや痛みから日常生活でも困る場面が多数でてきます。そうならないためにも、症状が出たらすぐに婦人科を受診するようにしましょう。

痒みが酷い場合は、皮膚科でもいいですが主治医が男性の場合は患部の確認を嫌がるドクターもいるため、女医のいる皮膚科を選んで行くことをおススメします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)