不正出血の匂いがきつい!酸っぱい臭い、生臭い、悪臭を放つ時は?においなしの時は?

不正出血の匂いがきつい!酸っぱい臭い、生臭い、悪臭を放つ時は?においなしの時は?

生理の時の臭いが気になるという女性はいますが、不正出血のにおいで悩んでいる人はいませんか?

酸っぱい臭いや生臭いにおい、悪臭を放っている時は要注意です。

今回は、不正出血のにおいについて紹介していきます。

デリケートゾーンのにおいが気になる…

デリケートゾーンのにおいって、とても気になりますよね。

通常、おりものは酸っぱい臭いをしています。

その原因は「デーデルライン桿菌」と呼ばれる膣に存在する常在菌です。

デーデルライン桿菌は、膣内を酸性にして外部から細菌が侵入するのを防ぐ役割があります。

酸性に傾いているため、少々酸っぱい臭いがするという訳です。

においなしと思っている人も多いようですが、酸っぱい臭いやヨーグルト臭がするのは正常です。

不正出血の匂いがきつい時は要注意!

不正出血(鮮血、茶色、茶褐色、ピンク色)が起こった時、匂いがきついと感じたら、それは要注意です。

悪臭を放つ原因は、デーデルライン桿菌の減少です。異常な場合ですと、デーデルライン桿菌が減少して、他の細菌が増殖してしまいます。

その結果、いつもと違うにおいを発してしまうのです。

病気が原因となっている場合

健康な女性であれば、常在菌(デーデルライン桿菌)が膣の中に生息しています。

しかし、細菌感染などがあると、雑菌の増殖によって強いにおいを発してしまうのです。

トリコモナス膣炎

性感染症の中でも、トリコモナス膣炎は強烈なにおいを発生させます。

特徴としては「生臭い」「魚が腐ったようなにおい」がします。

ひどい時は、周囲の人もくさいと気が付くほどです。

クラミジア感染症

クラミジア感染症の場合は、同時に膣炎を併発していることが多くなっています。

膣炎を発症すると、膿が出たり、菌が増殖してしまうことからにおいを発してしまうようです。

老人性膣炎・萎縮性膣炎

閉経を迎えた女性がなりやすいもので、エストロゲン分泌が少なくなるために膣内の酸性力が衰えていきます。

悪玉菌が増殖しやすくなるため炎症を起こし、においのあるおりものが出るようになります。

細菌性膣炎

細菌性膣炎では、生臭い、魚くさいにおいがするのが特徴です。

酸っぱいにおいが強くなった時も注意しましょう。

子宮頸管炎

子宮や膣に炎症が起こっている場合は、においが出るようになります。

においが強くなった時は、どこかに炎症が起きている可能性を疑いましょう。

子宮頸がん・子宮体がん

子宮がんは、癌細胞が増殖して正常な組織を破壊していく病気です。

正常な組織が壊されていく過程で、炎症や腐敗を起こすため、魚の腐敗臭といったような悪臭を放つようになります。

病気以外が原因の場合

悪臭がするのは、病気によるものだけではなく他の要因が関係していることもあります。

タンポンの使用

タンポンを使用している人は、出し忘れに注意してください。

稀に、タンポンを入れていることを忘れてそのままの状態で取り残されていることがあります。

そうすると、膣の中で腐敗がすすみ、悪臭がするようになります。

免疫力の低下

風邪薬や抗生物質を服用した時、体調が悪い時に匂いがきつくなることがあります。

これは、女性ホルモンバランスが崩れることが一つの原因です。

もう一つの原因は、抗生物質を服用することで膣内の常在菌まで殺してしまうことです。

その結果、雑菌が増えてにおいを発するようになります。

必要以上に洗いすぎている

デリケートゾーンの匂いが気になる人は、お風呂に入った時にゴシゴシと洗いすぎてしまいませんか?

気になるからと言って、強く洗ってしまうと膣内を細菌から守る働きのあるデーデルライン桿菌まで殺してしまいます。

その結果、膣内の菌バランスが壊れて、悪玉菌が増えてしまうのです。

デリケートゾーンは、酸っぱい臭いがするのは普通のことですから必要以上に強く洗いすぎないようにしましょう。

石鹸をつかっても大丈夫ですが、膣の中まで洗ってしまうのはよくありません。ビデの使いつぎにも注意しましょう。

まとめ

不正出血が起きたら焦ってしまうことも多いと思いますが、どんな臭いがしているのか?という点にも注目してみましょう。

細菌感染や炎症を起こしている時は、いつもとは違う臭いがするはずです。

また、タンポンの間違った使い方をしている場合でも臭いが強くなる・細菌が繁殖するという原因になるので注意しましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)