あなたの不正出血の状態は?サラサラ?ドロドロ?粘り気あり?水っぽい?塊?

あなたの不正出血の状態は?サラサラ?ドロドロ?粘り気あり?水っぽい?塊?

不正出血にも様々な状態があるって知っていましたか?

あなたの不正出血はサラサラ?ドロドロ?粘り気がある?水っぽい?それとも塊になっている?

今回は、このような不正出血の状態について説明していきます。

血液は本来粘り気を帯びているもの!

ドロドロ血液は、血管がつまる、不健康というイメージを持たれています。

一方で、「〇〇を食べれば血液がサラサラになる」というキャッチコピーも多く出回っています。

確かに、血液がドロドロになっていると、動脈硬化になりやすいですが、血液がサラサラしているというのは幻想にすぎません。

本来、血液は多少の粘性を帯びており、粘り気があるのが普通です。

経血も同じですので、粘り気がある状態が本来の姿なのです。

サラサラしている時は不正出血の可能性あり

経血がサラサラしている時は、もしかしたら不正出血かもしれません。

病気が原因の時の出血というのは、サラサラしているのが特徴です。

鮮血やピンク色の時は、血の性質にも注目してみましょう。

子宮頸がんや子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープが考えられます。

無排卵とサラサラの血液

漢方医学の観点からみると、サラサラしている血液は、血が不足していると言われています。

実際、貧血状態の人の血液は粘り気がなく、鮮やかな赤い色をしているのが特徴です。

サラサラした出血がある時は、貧血になっている可能性もあるので一度検査を受けましょう。

また、無排卵の人は不正出血がサラサラになりやすいようです。

女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうと、無排卵になってしまいます。

子宮内膜をつくる作用のあるホルモンが少なくなると、経血として出ていく量も少なくなる訳です。

不正出血が起きること自体、何らかの原因が隠れていますが、無排卵だと妊娠できなくなってしまいますよね。

必ず治療が必要です。特に将来、妊娠を希望している女性は早いうちに婦人科を受診するようにしましょう。

無排卵の治療は?

無排卵の治療で、一般的なのが「排卵誘発剤」を使う方法です。

注射薬と服用薬の2つがあります。

ただ、副作用が出るという点でなかなか治療に踏み切れない人もいるかもしれません。

ホルモンバランスが乱れていることが原因になっていることも多く、このようなタイプの人は漢方薬を使った治療がおすすめです。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・弓帰調血飲第一加減 (きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
・温恵(おんけい)
・涌出(ゆうしゅつ)
・慶寿(けいじゅ)
・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・星火逍遥丸(せいかしょうようがん)
・海馬補腎丸(かいばほじんがん)

このように、女性の悩み・生理不順・無月経に効果のあると言われている漢方薬は非常にたくさんあります。

妊娠できる身体作りを行うための、体質改善にも効果的です。生活習慣の改善の一環として、漢方薬を摂りいれていましょう。

水っぽい不正出血は子宮がん?

水っぽい不正出血、おりものが出る時は子宮がんの疑いも考えられます。

腹痛、腰痛などがある時は必ず病院に行くようにしましょう。

血が塊で出てくる時は?

生理の出血でも、血が塊で出てくる時は要注意です。

不正出血で血の塊が出てくる時は、体内での出血量が多いことが考えられます。

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんで起こりやすいようです。

ピルを飲んでいる時も不正出血が起きますが、塊となって出て生きている時は一度主治医に相談や確認をしてみましょう。

状態に関わらず検査を受けましょう

不正出血が起きている時は、放置せずにまずは病院に相談にいくことが大切です。

その時、どのような出血の状態だったか?ということを伝えることも大切です。

量や色は覚えていても、状態を把握していないことも多いのですので、この点にも注目しておきましょう。

まとめ

不正出血が、「サラサラ」「粘りがある」「水っぽい」「塊」「ドロドロ」のどの状態で出てきているのか?というのは、診断をつけるうえでも非常に重要なチェック項目となっています。

出血があるうちは、病院に行きたくないという人もいるでしょうが、病院側からすると状態の確認ができるので出血がある時に受診する方が、診断がつきやすいのです。

心配な時は、自己判断せずに病院で診察を受けましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)