着床出血の量は多い?増えた?生理並みの量が出ることもある?期間はどれくらい?

着床出血の量は多い?増えた?生理並みの量が出ることもある?期間はどれくらい?

妊娠を望んでいる人にとっては、すぐにでも妊娠の有無を確認したいですよね。

どの期間に起こるのか?どのくらい続くのか?ということも知っておきたい部分です。

出血量がどれくらいなのか?多いのか?増えたりするのか?生理並みの量が出るのか?によっては、着床出血ではなく、他の原因による出血の可能性も否定できません。

そこで、今回は着床出血の基礎知識について紹介していきます。

着床出血とは何?

着床とは、受精卵が子宮内膜に根をはることをいいます。

こうやって、子宮内膜にくっつくことで胎盤の基礎が出来上がり、母親から胎児に栄養が渡るようになるという仕組みです。

着床段階で、受精卵が子宮内膜に少量の傷をつけることがあるのですが、それが原因となり出血が起こることを着床出血とよんでいます。

妊娠したら必ず起こる?

妊娠した目安にもなる着床出血ですが、一般的には約2%の人しか経験しないと言われています。

着床出血の場合は、排卵後~生理予定日までの間に起こることが多く、生理後に起こることはまずありません。

生理予定日の前に出血が起き、生理が始まらないという人は妊娠検査薬で確認してみることをお勧めします。

ただ、生理不順の人は目安がつけにくくなっています。

基礎体温を測って、ある程度の排卵日を予測しておくことが必要です。

出血している期間は?

着床出血の場合は、生理の出血とは違って出血している期間は短いです。

早い人だと1日で終了し、長くても1週間以内で終わります。

平均では2~3日が最も多いようです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)