着床出血の確率と妊娠の可能性は?着床出血量って?妊娠との関係は?

着床出血の確率と妊娠の可能性は?着床出血量って?妊娠との関係は?

妊娠した全ての人で着床出血が起こる訳ではなく、経験する人のほうが少ないと言われています。

妊娠何週目で出血が起こるかというと、妊娠4週目頃が多くなっています。

これは、ちょうど排卵後から生理予定日までにあたる時期です。

この時に出血があったとしても妊娠してなかったという人もいます。

この場合は、着床出血ではなく不正出血だった可能性が高いでしょう。

着床出血量は、少ないことがほとんどですので量が多い場合は様子をみるようにしましょう。

着床出血が起こる確率は?

着床出血は、妊娠した女性の50人に1人、つまり2%の確率で起こると言われています。

着床出血がない人の方が多いというのが現状です。

妊娠何週目に起こるの?

着床出血が起こる時期は、排卵が起こった後から生理予定日の前後です。

繰り返しになりますが、妊娠数週でいうと、妊娠4週目頃にあたります。

着床出血量はどのくらい?

出血量は少なく、オリモノに色がついている程度です。

オリモノがピンク色、茶色の時は血着床出血の可能性があります。

出血量が多い時は、病気やホルモンバランスの崩れが関与していることがあるので様子を見るようにしましょう。

着床出血の場合は1日~3日程度で終わるのも特徴です。

妊娠してない時もあるの?

出血だけを見て「着床出血」と判断することはできません。

ほとんどの場合、妊娠が成立していることが分かってから「あれは着床出血だった」と分かるのです。

そのため、着床出血と自分で思っていても、妊娠していない時もあります。

妊娠の目安になると言われていますが、確率的に起こる割合が低いため気にしすぎないようにしましょう。

妊娠に関係する出血

妊娠しても、すべてが順調にいくとは限りません。

中には流産をしてしまうこともあります。妊娠可能な年齢の女性は、流産による不正出血も考えておく必要があります。

思いがけず妊娠をしてしまうこともあるので、注意しておきましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)