着床出血の時期は妊娠初期?着床出血なしで妊娠することも?他の妊娠超初期症状は?

着床出血の時期は妊娠初期?着床出血なしで妊娠することも?他の妊娠超初期症状は?

妊娠初期には、様々な理由から出血が起きやすくなっています。

妊娠超初期症状のひとつである着床出血もそうです。

ただ、着床出血が起こる時期は決まっています。

着床出血なしで妊娠する人の割合の方が多いため、それ以外の出血の原因についても知っておくことが大切です。

そこで今回は、妊娠初期に多い出血の原因について紹介していきます。

妊娠すると様々な変化が起こる

私たちが妊娠に気が付く時は、すでに妊娠2ヵ月目に入っていることがほとんどです。

しかし、体は妊娠してすぐに変化し始めています。

それに伴って体調の変化が起こるのです。

着床出血は、目に見える変化として最初に訪れるものかもしれません。

ただ、着床出血が起こる割合は約2%程度です。

着床出血なしで妊娠する人の方が多いため、その他の出血の原因についても知っておくことが大切です。

生理予定日の1週間前からの出血

生理予定日の1週間ほど前の出血は着床出血の可能性があるということです。

量は少ないため、気が付かないこともあるかもしれません。

多い人でも1日~3日程度で終わると言われています。

ごく稀にですが1週間続くこともあるようです。

ただ、それ以上に出血が続くことはありません。

これほど長く続いていると生理と間違ってしまうかもしれません。

他に妊娠超初期症状が見られた時は、妊娠の可能性を疑ってみましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)