着床出血って臭いがあるの?妊娠超初期に見られる臭いの変化とは?

着床出血って臭いがあるの?妊娠超初期に見られる臭いの変化とは?

着床出血が起こるのは、妊娠超初期です。

この時期はオリモノの臭いが強くなるとか、逆に少なくなると言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?

そこで今回は、着床出血の臭いについて紹介していきます。

酸っぱい臭いがするの?

着床出血は、妊娠することで軽い出血が起こることです。

妊娠していると、膣は酸性に傾くため、酸っぱい臭いが強くなるようです。

オリモノに血が混じった程度のことも多く、酸っぱい臭いがしたという人もいるようです。

着床出血の臭いの体験談

・酸っぱい臭いがした
・血の臭いではなかった
・生理の臭いと同じ
・臭いは特になかった

臭いがあるという人もいれば、なかったという人、生理の臭いがしたという人など様々です。

そのため、臭いについては「こんな臭いがする」ということは言えないのかもしれません。

ただ、悪臭、魚の腐ったような臭いがするという場合は、感染症の可能性もあります。

明らかに異臭を放っている時は、病院で検査してもらうようにしましょう。

体臭が臭くなる?

妊娠することで、変わってくる臭いの変化というのもあります。

その一つが体臭です。

妊娠すると、ワキや股の臭いが強くなったと悩んでいる妊婦さんも多いといいます。その原因は何でしょうか。

体温が上がる

高温期が続く、体温が高い状態が続くというのも原因の一つになっています。

ホルモンバランスが乱れているためですが、新陳代謝もよくなるため、汗をかきやすい状態です。

ワキガの原因となっているアポクリン汗腺からの分泌量が増えるため、体臭が強くなったと感じる人が多いようです。

細菌が繁殖することで臭いは強くなるので、清潔にしておくことが大切です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)