これって妊娠初期症状?着床出血で腹痛や腰痛が起こる?下痢・吐き気は?

これって妊娠初期症状?着床出血で腹痛や腰痛が起こる?下痢・吐き気は?

妊娠すると、妊娠超初期に着床出血が起こる人もいます。

他にも、腹痛や腰痛、下痢・吐き気も起きやすいようです。

そこで今回は、妊娠超初期症状と言われているものについて紹介していきます。

妊娠初期症状とは?

妊娠初期症状というのは、妊娠成立~妊娠初期の頃に表れる体調の変化のことをいいます。

ホルモンバランスの崩れることで起こります。

腹痛、お腹の張りを感じる

妊娠すると、腹痛がある、お腹が張ると感じる人が多いようです。

妊娠周期が増えるにつれて、子宮が引き伸ばされる痛みの他、子宮に血流が流れ込むことで違和感が出るようです。

腰痛

腰痛持ちの女性って多いですよね。そんな腰痛も、妊娠初期症状の一つになっています。

痛みの出る場所は、個人差があり腰全体が痛くなる人もいれば、骨盤の近くが痛くなることもあります。

原因は、妊娠超初期に分泌が増えるリラキシンというホルモンです。

妊娠には欠かせないホルモンであり、間接や骨盤を緩めて胎児が外に出やすくする作用があります。

しかし、骨が緩むことで体を支えられなくなるので腰痛が起きやすいのです。

酷い人の場合は、立てない、歩けないということもあります。

無理をしてしまうと、動けなくなってしまうので痛みが酷い時は、極力動かず安静にしておくようにしましょう。

下痢・頻尿

妊娠すると大きくなってきた子宮で膀胱が圧迫されて頻尿になります。

トイレが非常に近く、夜中にトイレで何度も目が覚めるというのは、妊婦さんの悩みとなっています。

対策としては、寝る前に多くの水分を摂りすぎないようにすることです。

それでも、頻尿になってしまうのは仕方のないことです。

トイレに行くのを我慢するのだけはやめましょう。

また、下痢も起きやすい状態にあります。

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れやすく、同時に自律神経のバランスも崩れています。

腸の動きが低下しているため下痢が起こるという仕組みです。

下痢対策

・水分を控える
・お腹を温める
・ストレスをためない
・コーヒー、緑茶を控える

下痢が続く場合は、体質的なこともありますが、上記のことに注意して生活するといいでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)