妊娠期の下痢の原因って?下痢対策や症状緩和の方法は?妊娠中は下痢薬飲んでもいい?

妊娠期の下痢の原因って?下痢対策や症状緩和の方法は?妊娠中は下痢薬飲んでもいい?

妊娠をしてから下痢をしやすくなったという悩みを抱えている人も多くいます。

妊娠中に下痢をしやすくなる原因って一体なんでしょうか?

下痢薬を飲んでいいのかどうかも気になるところですよね。

今回は、妊娠中に下痢をしやすくなる原因と、下痢対策・下痢の症状緩和方法などについて紹介していきます。

妊娠期の下痢の原因は?

妊娠初期の頃に表れやすい症状の一つに「下痢」があります。

お腹が痛いわけでもないのに下痢になる理由はなんだと思いますか?

ホルモンバランスの急激な変化で下痢になる!?

妊娠中に下痢になりやすい原因は「ホルモンバランス」の急激な変化によるものです。

特にプロゲステロンの影響を強く受け、下痢の症状が出ると言われています。

プロゲステロンは、妊娠すると分泌量が急激に増えますが、水分を体に溜めこむという作用があります。

その結果、代謝が悪くなり消化吸収も上手くいかなくなるので、下痢を引き起こすと言われているのです。

下痢が起こると流産のリスクが高いは嘘!?

通常、下痢が起こっている状態は「お腹の状態が悪い」という時です。

また、胃腸炎などの時も下痢が起こります。

ですから、妊娠中に下痢が続いていると「お腹が悪い=流産のリスク」が高いというイメージを持っている人も少なくないようです。

妊娠中の下痢は女性ホルモンの影響によるものが大きく、それだけで流産のリスクが高まることにはなりません。

ただ、お腹が痛い、出血があるという症状も一緒にある場合は、すぐに病院で検査してもらいましょう。

これらの症状が同時に出ている時は、流産のリスクも否定はできません。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)