妊娠中の貧血の原因って?妊婦の貧血対策や貧血に効果のあるお薬は?

妊娠中の貧血の原因って?妊婦の貧血対策や貧血に効果のあるお薬は?

これまで貧血を経験したことのない女性も、妊娠をしてから貧血を起こすようになったという話はよくききます。

それだけ、妊娠中の貧血はよくある症状です。

ただ貧血を軽い症状とみることは危険です。

そこで、妊婦さん向けの貧血対策や貧血に効果のあるお薬を紹介していきます。

妊娠期の貧血の原因は?

貧血は、血液が少なくなる・足りなくなることで引き起こされる症状です。

妊娠をすると、赤ちゃんにも十分な栄養と血液を与える必要があります。

その結果、母体の方が血液不足になり貧血になってしまうという仕組みなのです。

つわりの時期は貧血に要注意!

つわりがあると、なかなか満足に食事をすることができません。

特に吐きつわりのある人は、栄養不足になり血液を作る鉄分も不足してしまいます。

その上、赤ちゃんにも血液を運ばなければならないので貧血になりやすくなってしまうのです。

妊婦健診では毎回貧血の検査もありますが、健診前に貧血の症状が出てきた人は早いうちに病院に行って相談しましょう。

妊娠中期~後期も貧血に要注意!

つわりの時期だけではなく、妊娠中期~妊娠後期にも貧血になりやすくなっています。

中期からは赤ちゃんの成長が早くなるため、必要とされる血液量が多くなるためです。

つわりの症状が治まったのであれば、レバーや小松菜など鉄分を多く含む食品をしっかりと食べるようにしましょう。

妊娠中の貧血対策

これまで貧血になったことのない人は、自分が貧血気味であるということに気がついていないかもしれません。

まずはチェックリストを使って貧血の症状が出ていないか調べてみましょう。

□朝なかなか起きられない
□体がだるい
□倦怠感、疲れやすい
□寒気がする
□唇の色が悪くなる
□冷え性になった
□めまいがする
□頭痛がする
□目の前がチカチカすることがあるあ

上記のチェックリストに一つでも当てはまった場合は、貧血の可能性があります。

さらに、後半3つの項目に当てはまっている場合はさらに可能性は高いでしょう。

酷くなれば、急に倒れてしまうという事もあり、母子共に危険な状態に晒されてしまうこともあります。

早めに病院で処置をしてもらうことをおススメします。

食事改善をしてみよう!

一番の理想は食事改善を行い必要な栄養素を取り入れることです。

食事改善は、体重管理にもなるのでぜひ取り組んでいきましょう。

・鉄分を多く含む食品

レバー、赤身の肉、カツオ、ニジマス、アサリ、まぐろ、大豆製品、ほうれん草、コマツ案、ひじき、枝豆

レバーや赤身の肉、ほうれん草や小松菜といったものは鉄分豊富な食材としてよく知られていますよね。

ただ、これらの食品の一つだけを過剰に摂取するというのはおススメできません。

様々な食品を組み合わせて毎日摂取するように心がけましょう。

特に、まぐろは鉄分豊富ですが、妊娠中は食べ過ぎ禁物なものも含まれています。

適度な摂取を心がけることが大切です。

・ビタミンCを多く含む食品

ブロッコリー、ピーマン、カリフラワー、キウイ、いちご

鉄分を吸収するにはビタミンCが必要です。

鉄分を多く含む食品と一緒に食べるように心がけましょう。

ただし、フルーツ類は体を冷やしてしまいますので、ここでもまんべんなく食品を摂取していくことが大切です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)