妊娠中のむくみの原因は?妊娠中のむくみ対策や緩和方法って?お薬の効果は?

妊娠中のむくみの原因は?妊娠中のむくみ対策や緩和方法って?お薬の効果は?

妊娠中はむくみやすくなります。いくら妊娠中とはいっても女性としては気になりますよね。それに、むくみの中には妊娠期のSOSのサインとして症状が出ている場合もあるので、しっかりと対策をすることが大切です。そこで、妊娠中のむくみ対策やむくみを緩和させる方法、むくみに効果のあるお薬を紹介していきます。

妊娠期のむくみの原因は?

むくみの症状は、妊婦さんが抱えるトラブルとしても多いものです。臨月を迎えるまでは仕事を継続している人も多く、立ち仕事やデスクワークが原因となっていることも多くあります。

妊娠中は水分を蓄えやすくなる

妊娠をすると、女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が増えます。生理中にむくみやすい女性も多いと思いますが、プロゲステロンは水分を蓄える作用を持っているのです。その結果、妊娠中はむくみやすくなるという訳です。

同じ姿勢を続けるとむくみが増長!

妊婦さんでなくても、デスクワークや立ち仕事の人はむくみやすいですよね。それが、妊婦さんともなると、プロゲステロンの影響もあり体内に蓄えている水分量が多いため、より一層むくみを増長してしまいます。

妊娠中のむくみ対策

妊娠するとむくみやすいのは自然なことである意味仕方のないことです。ただ、むくみを放っておくと妊娠高血圧症候群のリスクを高めてしまいます。そこで、できるだけ「むくまないようにするため」の対策を紹介していきましょう。

温かい飲み物を飲んで過剰な水分摂取をストップ

のどが渇いた時、冷たい飲み物だと一気に飲んでしまうことってないですか?のどが渇いているから当然…という訳ではないのです。体が必要としている水分量は実はほんの少しでいいと言われています。

しかし、冷たい飲み物は飲みやすい上に、のどごしがいいため必要以上に摂取してしまうのです。これを防ぐには、温かい飲み物を飲むのが効果的です。

凄くのどが渇いている時でも、温かい飲み物であればそれほど飲まなくても大丈夫ということが分かるはずです。冷え性やお腹を温めるという効果もあるので、ぜひ冷たい飲み物から温かい飲み物へシフトチェンジしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)