妊娠すると肌荒れが酷くなる?妊娠中の肌荒れの原因・対策や薬は?

妊娠すると肌荒れが酷くなる?妊娠中の肌荒れの原因・対策や薬は?

妊娠すると肌艶が良くなる人もいると聞きますが、逆に肌荒れが酷くなり悩んでいる人も多くいます。

妊娠することによって肌荒れが酷くなる原因は一体何でしょう?

今回は、妊娠中の肌荒れ対策や肌荒れを緩和させる方法、さらに妊娠中の肌荒れに知っておきたいお薬を紹介していきます。

妊娠期の肌荒れの原因は?

妊娠をしてから急に肌荒れが酷くなったという人はいませんか?

これまで肌トラブルがなかった人でも、急に肌荒れを起こしやすくなってしまうのが妊婦さんです。

まるで思春期ニキビ!!

妊娠前まではニキビや吹き出物が一切なかったという人でも、妊娠した途端にニキビが大量にできるという人もいます。

この原因はずばり「女性ホルモンバランス」の崩れです。

思春期の子どもでニキビができやすいのは、ホルモン分泌が盛んになる時期でありバランスが崩れていくことが原因です。

妊娠中も同じような条件になっており、ホルモンバランスが急激に乱れることで肌荒れを起こしてしまうのです。

乾燥肌?それとも脂性肌?

妊娠中は、カサカサに乾燥する人もいれば、逆に脂でベタベタになる人もいます。

個人差がありますが、どちらも妊娠中によく見られる肌トラブルです。

肌が敏感なこの時期は、様々なものを塗るよりも、体内から環境を整えていくということを意識するといいでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)