妊娠中の風邪って大丈夫?妊婦の風邪対策と治療法は?風邪薬って飲んでもいいの?

妊娠中の風邪って大丈夫?妊婦の風邪対策と治療法は?風邪薬って飲んでもいいの?

妊娠中は体力の低下、免疫力の低下が大きく風邪をひきやすい状態です。

いくら風邪を引かないように心がけていても、熱が出てしまう時もあります。

そんな時どうすればいいの?という疑問を解決するために、「風邪予防対策」「風邪の治療法」「お薬の飲み方」などを説明していきます。

妊娠期に風邪をひいたらどうすればいい?

風邪の多くは、ウイルス感染が原因です。

通常の風邪の場合はウイルスが胎盤や赤ちゃんにまで侵入することはありません。

ただ、熱が出た場合は羊水の温度が上昇し、胎児に影響を与える可能性もあるので注意が必要です。

風邪の症状が出はじめたら早めに休養しよう!

妊娠中は、風邪薬が飲めないので悪化させないことが大切です。

そのためには、風邪をひいたらすぐに体を休めることが重要です。

睡眠をしっかりとり安静にしておきましょう。

水分補給を意識しよう!

熱が出ると、脱水症状を引き起こすことがあります。

この時、母体だけではなくお腹の赤ちゃんも同様に脱水状態に陥ってしまいます。

それを防ぐためにも、風邪をひいている時は意識して水分を補給するようにしましょう。

妊娠中の風邪対策

通常でもそうですが、妊娠中は特に「風邪をひかないための対策」をしっかりとする必要があります。

手洗い、うがいの基本を守ろう!

風邪対策といえば「手洗い・うがい」です。

風邪のほとんどは外からもらってくる病原菌です。

手洗い・うがいによって洗い流すことができるので、風邪予防の基礎はしっかりと守るようにしてくださいね。

冬の時期は人の集まるところに行かない!

インフルエンザや感染性胃腸炎が流行する冬の時期は、人込みを避けることで予防することができます。

どうしても、人込みの中に行く時はマスクを着用するようにしましょう。

日ごろから体力つくりに取り組もう!

妊娠中は免疫力が低下していて風邪をひきやすい状態になっています。

さらに、体力が落ちているため一度風邪を引くと治りにくいという特徴もあります。

日ごろからストレッチや軽いウォーキングなどをして体力つくりに励みましょう。

睡眠不足は、体力や免疫力低下を招いてしまうのでしっかりと眠ることも風邪予防になります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)