妊娠中の不眠の原因は?不眠対策したい!眠くなる方法や薬はあるの?

妊娠中の不眠の原因は?不眠対策したい!眠くなる方法や薬はあるの?

妊娠中は、つわりの影響やお腹が大きくなることの影響で、寝付きが悪くなり不眠症になってしまう人もいます。

眠れないというのは非常にツライですよね。

そこで妊娠中に不眠になってしまう原因や不眠対策、さらに不眠症なら知っておきたい薬を紹介していきます。

妊娠期の不眠の原因は?

妊娠中の不眠の原因ははっきりと解明されていませんが、大きく2つのタイプに分けられるます。

妊娠初期の不眠はホルモンが影響?

妊娠初期に不眠になる人は多くいますが、この時期は「ホルモンバランス」が大きく関係していると考えられています。

つわりなどの体調不良も多くなることで、ストレスが溜まり自律神経の乱れが不眠を引き起こしています。

さらに、気分が悪すぎて眠れないということも多いようです。

妊娠中期~妊娠後期の不眠は体の変化によるもの

妊娠中期を超えると、急にお腹が大きくなってきます。

背中や腰が圧迫されると強い痛みを発し、それが原因で寝付けないということも増えてきます。

さらに、お腹が大きくなると仰向けやうつ伏せで眠るのが苦しくなることも不眠の原因となっています。

妊娠中の不眠対策

妊娠中は、様々なことで不眠になりやすくなっています。

睡眠は人間が活動する上でとても重要なものですから、対策をとりしっかりと眠れるように工夫をしていくことが大切です。

軽い運動で眠気を誘う

妊娠中はどうしても活動量が減ってしまいがちです。

そうすると、疲れていないためなかなか眠くなりません。

不眠気味の人は、室内でもできるストレッチやマタニティヨガなどで体を動かしてみるといいでしょう。

無理な運動や活動は禁物ですが、できる限り今までと同様の生活を送ることが不眠対策になるはずです。

抱き枕を使って眠る体勢を整えよう!

お腹が大きくなると、眠る時の姿勢が保てずに夜中に何度も起きてしまうということがあります。

これを改善するためにおススメなのが「抱き枕」です。

足を乗せたり、お腹を乗せることで姿勢を楽に保つことができるため、深い眠りにつくことが可能になります。

妊婦さんにおススメ「シムスの体位」とは?

お腹が大きくなってくると、うつ伏せは当然できませんが、仰向けで眠るのもよくないと言われています。

大きくなった子宮が大動脈を圧迫することで血圧が下がる「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」を引き起こすといわれているためです。

そこで推進されているのが「シムスの体位」です。

1、 左側を下にして横向きに寝る
2、 抱き枕を挟んでおなかを圧迫しない程度にうつ伏せに近い体勢になる
3、 左手、左脚は伸ばし、右足、右手はかるく曲げる

このような状態をシムスの体勢といいます。

ポイントは左側を下にすることです。

抱き枕や布団を間に挟むことで楽にこの姿勢になることができるので試してみてはいかがでしょうか?

きっと寝付きやすくなるはずですよ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)