妊娠7ヶ月は妊娠何週目?ママが注意したい症状や赤ちゃんの様子は?

妊娠7ヶ月は妊娠何週目?ママが注意したい症状や赤ちゃんの様子は?

妊娠7ヵ月に入ると、1ヵ月に1度の妊婦健診が2週間に1回と増えてきます。

それだけ、胎児の成長が早くなったということです。

お腹が大きくなるだけではなく、重くなってくるため、疲れやすくなってくるのも特徴です。

そこで、妊娠7ヵ月目の母体や赤ちゃんの変化について紹介していきます。

妊娠7ヵ月目って何週のことを言うの?

妊娠7ヵ月目は、妊娠24~27週目にあたります。

お腹は前にせりだし、おへそよりも高い位置にまで子宮が大きくなてきます。

胎動は強くなり、足や手の形にお腹が変形することもしばしばです。

妊娠7ヵ月目の母体の状態は?

子宮が大きくなってくるため、胃や横隔膜まで圧迫するようになってきます。

心臓に負担がかかってしまうため、息苦しさ、動悸を感じることが増えてきます。

無理をしない範囲で活動するようにしましょう。

腰や背中が痛くなる

出てきたお腹を腰で支えることが多くなるため、腰や背中が痛くなってきます。

背中を反った姿勢になりがちですので、姿勢を正すようにしてみましょう。

簡単なストレッチや体操を取り入れることで、痛み緩和対策にもなります。

便秘や痔になりやすい

ホルモンの影響や腸が圧迫されることで、便秘になりがちです。

また、痔になる妊婦さんも増えてきます。

食物繊維の多い食事をし、便秘にならない工夫をしていきましょう。

お腹が張りやすくなる

子宮が収縮する回数が増えてくるため、お腹が張る回数も増えてきます。

長期間続くような張りでなければ心配ありません。

ただ、お腹が張っている時は動き回らずに安静にしておくようにしましょう。

不正出血がある、カチカチに固い、という場合は切迫早産になっていることもあるので、すぐに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)