男性が彼女から「俺って愛されてるな~」と嬉しく思う瞬間

男性が彼女から「俺って愛されてるな~」と嬉しく思う瞬間

あなたは普段、彼に愛を伝えようとするとき、どのような行動を取りますか?

感謝の気持ちを言葉にして伝えたり抱き締めたり、方法は色々ありますよね。

逆に、なかなか彼に対して素直に愛を伝えられない人もいるかと思います。

愛を伝えるのが苦手なあなた!

愛は直接伝えなくても表情や普段の行動から滲み出ているものです!

そこで今回は、男性が彼女から「愛されてるな~」と感じる瞬間はどんな時なのか、リアルな声をまとめてみました!

看病に来てくれたとき

「ベタだけど、そういう優しさはとても嬉しい。」(20代・公務員)

「体調が悪くて動けなかった時、飲み物や果物と一緒に栄養ドリンクも買ってきてくれて、大事に想ってくれてるんだなと思った。」(30代・自営業)
熱を出して寝込んでいるとき、誰もが人恋しくなりますよね。

そんな時、彼女がお見舞いに来てくれて、お粥を作ってくれたり、ベッドの横に座り自分の汗を拭いてくれたり…。

彼は「自分の為に」と、とても嬉しく感じるのですね。

慰めてくれたとき

「仕事でミスをした時に、何も言わずに話を聞いてくれて、焦っていた気持ちが落ち着いた。」(20代・アパレル)

「学生時代、部活の大会で負けてしまった。そのとき、一緒に泣いてくれた。悔しい気持ちは変わらなかったけど、心が少し軽くなった気がした。その後、その時の彼女と結婚し、2人の子どもにも恵まれました。」(40代・公務員)
彼の気持ちが少しでも軽くなれば…あなたのその気持ちは、しっかり彼に伝わっていたんですね。

いつも彼のことを見ているあなたでしか出来ないやり方で、彼を癒してあげましょう。

ストレートに「好き」と言われたとき

「おもむろに『好き』と言って甘えてくる彼女がかわいい。」(10代・大学生)

「普通の話をしていたのに、突然『好きなんだよ~』と、言われた時はきゅんとした。」(20代・自営業)
男性でも、時に女性のように、『本当に俺のこと好きなのかな?』と、不安になることがあるようです。

あなたが『好きだな。伝えたいな。』と、想った時には、彼にあなたの素直な気持ちを伝えるといいでしょう。

無言が苦痛じゃないとき

「この子と一緒の時は無理をしていない、ということに気付いた時、ずっと一緒にいたいと思った。」(20代・大学生)

「同じ空間にいても、お互い別々のことに没頭している時間がとても好きで大切な時間。」(20代・公務員)
普段盛り上げ役に徹している男性には特に当てはまることかもしれませんが、『特別話をしなくても気まずい空気にならない』ということは、心が休まる場所だということ。

これは、男性が結婚する相手に求めていることの1つでもあります。

彼はいつでも心の癒しを必要としているのですね。

第三者から彼女の自分への想いを聞いたとき

「普通、友だちに彼氏の話をするとしたら愚痴だと思うが、彼女は自分のいいところを熱心に話してくれていた。という話を聞いてニヤニヤしてしまった。」(20代・大学生)

「自分に内緒で自分の友だちに連絡を取り、サプライズ誕生日パーティーを開いてくれた。単純に愛されてると思った。」(20代・会社員)
自分の友人に彼氏の愚痴を言うのはよくありますよね。

実際に彼に対してののろけ話をまじめに聞いてくれるのは、付き合って1ヶ月頃まででしょう。

それでも自分の良いところを話していてくれたり、秘密裏に動きサプライズパーティーを企画していたという事実を知ったとき、彼はあなたからの特大の愛の気持ちに気付くことが出来るでしょう。

なかなか素直に自分の気持ちを伝えられないあなた、以上を参考にして、彼に愛の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)