妻子持ちの男性との恋。実らせるのに必要な3つのポイントとは?

妻子持ちの男性との恋。実らせるのに必要な3つのポイントとは?

自分の好きになった相手が、もしも妻子持ちの男性だったら…あなたはどうしますか?当然、賛否両論の意見はあると思いますが、自身の好きという気持ちを止めることって難しいかと思います。

世間的に許されない恋だからこそ、実らせるためには障害が多いのが不倫。本気で恋をして、妻子持ちの男性を振り向かせるための3つのポイントについてお話ししていきます。

1、奥さんとの離婚を考えているのか確認しておく

実ることを求めずに、ただひたすら自分が妻子持ちの男性へ閉じた思いを注ぐのみなら必要のないことですが、実りのある関係にしたいと考えているのであれば、彼に今の奥さんと別れる意思があるのかどうかをはじめに確認しておかなければなりません。

中には、パートナーはパートナー、でも婚外恋愛をしていたい!という快楽主義的思考の男性もいるので、そういった人とのお付き合いをする泥沼化することになってしまいます。そうならないためにも、将来を真剣に考えてのお付き合いを出来るのかどうかは確認しておくべきでしょう。

結婚は、勢いと情熱があれば簡単に出来ますが、離婚はそうはいきません。物凄く体力を使いますし、子供がいれば親権の問題もあります。重い女と思われるのを覚悟して、最初に確認しておきましょうね。

2、子供について、彼の意見を認める覚悟をする

子供がいるということは、男性にとっては大きなことです。「子は鎹(かすがい)の宝物」という言葉があるように、愛情が薄らいだ夫婦でも子供のためにと別れないでいる家庭は星の数ほど存在することでしょう。そのくらい、自分の血の繋がった子供というのは大切であり、愛おしく、唯一無二の存在です。

もしも子供を引き取るのであれば、彼と一緒になるときには自分の子供ではない子供の母となるわけです。大変な思いをして今後育てて行かなければなりませんし、元奥さんの顔に似ていても愛情を注いでいかなければなりません。かといって、親権を奥さんに渡しても養育費を支払う義務が男性には生じます。それについてはあなた自身が理解して、彼の気持ちに寄り添うほかありません。

3、絶対に付き合いを人に漏らさない

どんなに燃え上がるような恋でも、これは絶対に人に言うべきではありません。信頼の出来る人に話すとしても、人に話すという行動によって自分の気持ちを更に燃え上がらせてしまう傾向が女性には多くみられるからです。

誰にも言わずに気持ちを保ち続けるということは難しいこと。これが出来なければそもそも妻子持ちの男性との恋愛を続けられないと思います。秘密を守り続ける勇気と覚悟を持って彼に向き合いましょうね。

妻子持ちの彼とのお付き合いは、そう簡単なものではありません。会いたいときに会えなくて、人に話せずツラいことでしょう。でも、守るべきものが居ながら恋をする相手男性もまた苦しいのです。

天秤にかけられないもの同士を比べて、なにかを捨てなければならない…そんな妻子持ちの男性側の苦悩も理解しつつ恋を実らせるべく冷静に行動するように心がけましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)