治したいけど治らない?!みんなの恋の病の治し方をご紹介

治したいけど治らない?!みんなの恋の病の治し方をご紹介

恋をすると、恋愛をしていない普段に経験しないようなツラい思いをしてしまいますよね。嫉妬に狂ったり、満たされない思いに悩んだり…恋する乙女は皆、恋という病にもがき苦しんでいるのです。治したいけれど治らない恋の病を克服した女性達に、どう乗り越えたかを伺ってきました。

恋は恋。仕事は仕事と目標を掲げた

「恋をしていると、他のことが手につかなくなるタイプのわたし。せっかく軌道に乗ってきた仕事も疎かになりそうだったので、同期入社した年上の女性に負けないように社内で信頼を得る!と目標を掲げました。

目標を掲げるだけではなくって、ちゃんと実現できるように毎日仕事に集中をするようにしました。仕事をしっかり出来る女な方が、彼もきっと素敵だと思ってくれるだろう…と思ったんです。そうしたら、やっぱり彼も『最近頑張ってるね』と認めてくれました。」

30代女性・経理事務職

自分の弱い部分を知っているからこそ、しっかりと目標を掲げて更にそれの実現に向かって頑張れたんですね。恋ばかりに走ってしまう自分にムチをうって、仕事も頑張って結果を出し、それで彼を振り向かせる…「責任感があり、芯のある女性」というステイタスは最高の武器になります。

自分が納得できる自分になる努力をした

「わたしのコンプレックスは、太っていること。好きな人が出来て、でもきっと今のわたしじゃ振り向いてもらえないな…と思って本当に苦しかったんです。

そして、だったら痩せて振り向いてもらえるような自分になろう!と決めたんです。食べるのを我慢したり、食べるものを考えたり、極力階段を歩くようにしたり、一駅歩いたり…。半年で5キロの減量に成功して、顔も少しスッキリしたように思った頃、気になる彼から『最近痩せたよね?大丈夫?』と心配をされました。見ていてくれたの?と嬉しくなりましたし、自分に自信が持てて告白をすることに成功。自分自身が納得できる自分に成れて、結果恋も実らせることが出来て本当に良かったです!」

20代女性・携帯ショップ店員

自分に自信が持てないと、恋の病が加速する傾向にあります。恋愛の相手が思い通りにならないのはもちろん、自分自身も思い通りにならないのでとても苦しい思いをすることになるのです。

成りたい自分になって、自信を持って恋に臨めるような状況にする…というのは根本的な自分改革。恋の病に陥るリスクをかなり下げることが出来てとても有効な手段といえます。

まとめ

恋に恋して疲れたり、落ち込んだりしてしまうのが女性。でも、せっかく女に生まれたのなら思いっきり恋がしたいですよね。そんなときは恋の病で思いつめることのないように、恋以外の部分を充実させることが重要です。

更に、自分自身に一番自信を持てる状態を作り上げるのも重要です。センスを磨くも良し、ダイエットに励むも良し!そうすることで、マイナス思考を取り除いて積極的に、そして楽しい恋をしましょうね♡

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)