生理前にできる湿疹が痛い!かゆみの症状別対策とは?

生理前にできる湿疹が痛い!かゆみの症状別対策とは?

女性にとっては、悩みの種となっている「生理前のかゆみ」。

中には湿疹ができて痛いと感じている人も。

肌トラブルには様々な症状がありますが、今回は症状別に対策を考えてきましょう。

生理前のかゆみの症状

生理前にかゆみの症状が出るのは、ホルモンバランスが崩れてる証拠です。

かゆみを引き起こしている乾燥

生理前には、エストロゲンの分泌量が少なくなっています。

これは、生理周期によってホルモンの分泌量が変化することによる自然な減少です。

これが時には肌トラブルの原因にもなってしまうのです。

エストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌に水分を蓄える作用のある物質の合成を促進する物質として必要なものです。

しかし、生理前にはエストロゲン分泌が減るので、必然的に肌の水分量が減り、乾燥しやすくなってしまいます。

これが、「かゆみ」を引き起こしてしまう原因です。

生理前にかゆみが原因で湿疹ができてしまった場合

ニキビや吹き出物とは少し違って、湿疹ができるという人もいます。

これは、生理前特有の「月経疹」と呼ばれるものかもしれません。

月経疹ってどういうもの?

月経疹は、大人のニキビと言われています。

一つだけではなく、ブツブツと複数の吹き出物ができるのが特徴です。

炎症を起こしているものや、かゆみを伴うもの、しこりのあるものなど多くのものが存在します。

共通点は、生理前になるとでき、生理が始まる頃~生理が終わると自然に治るという点です。

保湿をしっかりとしよう!

日本人の多くは乾燥肌と言われています。

そして、生理前はホルモンの影響を受けて肌は乾燥しやすくなっています。

乾燥肌の上に、さらに乾燥してしまうので、これが月経疹の原因と考えています。

生理前に湿疹ができやすい人は、念入りに肌の保湿をすると少し改善されるはずです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)