生理時のチクチクとした痛みは何?生理前後の子宮の痛みの原因とは

生理時のチクチクとした痛みは何?生理前後の子宮の痛みの原因とは

生理の時に、子宮のある下腹が痛むことは多くの女性が抱えている症状です。

ただ、いつもの「鈍痛」のような痛みや腰が重い・・・などの症状と違い、左右どちらからの下腹がチクチクと痛む・・・このような場合、何か原因があるのでしょうか?

生理中の痛みは、子宮の病気かもしれません

下腹(子宮のあたり)がチクチクと痛む場合には、何かしらの異常のサインを出していることが多いです。
生理が来るサインとして、生理前に痛むこともありますが、チクチクとした痛みが長く継続して続く、痛みが強くなる・・・そうした場合には、子宮の病気にかかっている可能性があります。

子宮内膜症

20代~30代と、比較的若い女性に多く見られる病気です。

子宮内膜症は、本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所(卵巣や膀胱など)にできてしまうことによって起こるものです。

この場合、子宮内と同じような生理のような現象がこの子宮内膜の中で起こります。

月経期になると子宮以外の場所にできた子宮内膜が剥離・出血します(生理と同じ現象)が、子宮と違い、血液を外に出すための出口がないため、剥離・出血した血液はその中に溜まり、チョコレートのう胞という腫瘍ができたり、他の臓器と癒着してさまざまな障害を引き起こしてしまうのです。

痛みの特徴としては、チクチクとした軽い痛みを感じる人から、急激な痛みを伴う人もいます。

それは子宮内膜症ができた箇所や大きさによって異なってきます。

また、一番わかりやすい症状は、月経痛の痛みが次第にひどくなってくる、ということです。

その他にも、生理中の排便時に痛みを感じたり、嘔吐や発熱などが平行して起こる場合には、ある程度症状が進んでいるサインかもしれません。

子宮内膜症は不妊の原因の半分を占めると言われていますから、これから赤ちゃんを産む方は一度婦人科にかかり子宮の検査をしてもらうことをお勧めします。

子宮筋腫

子宮筋腫の場合も、生理の際の痛みによって自覚症状が現れやすい病気のひとつです。

生理時の痛みがひどい、また出血の量が多くたまに血の塊のようなものが混じるといった症状以外には自覚症状がなく、発見しづらい病気とも言えます。

子宮は鶏卵程度の大きさで平滑筋という筋肉でできています。

この筋肉から発生する良性の腫瘍、それが「子宮筋腫」です。

腫瘍ですから放っておけば次第に大きくなりますが、自覚症状がない、もしくは軽い場合には摘出の必要はありません。

ただ、稀にこの腫瘍が「悪性」に転じることがあります。

これがいわゆる「癌」になるわけですが、子宮にできる癌の代表は子宮頸癌と子宮体癌(内膜癌)の2種類があります。

また、筋腫と似たような「子宮肉腫」という癌もあり、この癌は急激に増殖して他の臓器へと移転し、抗がん剤や放射線が効かない為、非常に怖い癌です。

これらの区別は超音波やエコーでは判断することが難しく、腫瘍の組織を採取して検査することではじめてわかるものです。

ですから何かしらの機会に子宮筋腫が見つかった場合には、念の為にその腫瘍が良性のものであるのか、そうでないのかの検査をしてもらった方が安心でしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)