生理の周期の遅れの原因はストレス?病気?生理周期でみる健康状態

生理の周期の遅れの原因はストレス?病気?生理周期でみる健康状態

生理は、周期通りにきちんと訪れる人や、周期がまちまちであったりだらだらと長く続いてしまう人など人それぞれです。

痛みに関しても、さほど気にならないような軽い症状の人から、動けないほどの痛みを伴う人もいます。

こうした「生理の周期」の乱れにはどのようなことが影響しているのでしょうか。

生理の周期が遅れている人に考えられる身体の変化

生理の周期が遅れる、また逆に早く来過ぎてしまうなどの「生理の周期の乱れ」の原因はさまざまで、ストレスによるホルモンバランスの乱れや服用している薬の影響なども考えられます。

また、過度のダイエットによって生理周期が乱れたり、人によっては生理自体が止まってしまうことも。

女性の身体はちょっとしたことでホルモンのバランスが崩れ、生理の周期や身体の不調として現れます。

1週間以上遅れている場合

もし、妊娠するような行為があった場合には、妊娠超初期の可能性が考えられます。

妊娠超初期の段階では、まだ妊娠検査薬では陽性が認められず、普通に生理が遅れているのか、妊娠超初期段階なのかの区別がつきづらいです。

生理の遅れに伴って下記のような症状が現れた場合には、妊娠しているかもしれません。

悪生理ではない少量の出血

これは「着床出血」と言って、卵子が精子と結合した「受精卵」が子宮に到達し、子宮内膜に着床した際に多少の出血をすることで起こります。

生理との違いは、
・量が少量であること
・痛みがないこと
などが挙げられます。

色は鮮血ではなく、おりものに少し色がついた、ピンク色や茶褐色のようなものであることで不正出血との区別がつくと思います。

また、この段階ではまだ妊娠時に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが出ていないので、妊娠検査薬では陽性が認められません。

妊娠検査薬で陽性が確認できるのは、着床からおよそ2週間後あたりですのでもしこのような症状が出た場合に何かしらの薬を服薬しているようであれば、念のため一時停止しておいたほうが良いでしょう。

おりものがサラサラしていて臭いがいつもと違う

妊娠超初期の場合には、おりものに変化が起こります。

おりものの特徴としては、
・トロッとした感じではなく、サラサラとした透明なおりもの
・茶褐色、またはピンク色のおりもの
・臭いがいつもよりきつく、ツンと鼻をつくようなおりもの
のようなもので、このようなおりものが出た場合には妊娠超初期かもしれません。

その他の妊娠超初期の症状

おりものや出血の他にも、妊娠超初期の場合には以下のような症状が現れます。

・風邪ににた倦怠感などの症状がある
・下腹に生理痛とは違う、チクチクとした痛みがある
・胸やお腹が張っている
・基礎体温の変化

このような症状は、生理前にも起こるので妊娠超初期との違いに気づきにくいのですが、妊娠超初期の場合には症状が強くでることが多く、いつもよりも眠気がひどい、胸の張り方がいつもと違う、など感じる人もいるようです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)