生理周期短いと病気や更年期の疑いも?原因や改善策、妊娠への影響は?

生理周期短いと病気や更年期の疑いも?原因や改善策、妊娠への影響は?

生理周期が短い人はいませんか?生理周期が短すぎるのはもしかすると病気や更年期の可能性も考えられます。できるだけ早く原因をつきとめ、改善することが望ましいようです。

さらに、今後妊娠を希望している女性であればすぐにでも婦人科で相談をしましょう。

生理周期が短い原因

人よりも生理周期が短いと感じている人はいませんか?周期によっては月に2回生理がある人もいます。ただ、医学的に生理周期が短いというのは「24日以内に次の生理がくる状態」のことをいいます。

頻発月経って何?

24日以内に次の生理がきてしまうことを「頻発月経」と呼んでいます。そしてこれは月経異常のひとつです。つまり、このように生理周期が短い人は治療を受ける必要があるということなのです。

生理周期が短くなる原因とは?

頻発月経になってしまう原因は大きく分けて2つあります。

・卵巣の機能低下

生理が多くきていると「卵巣の機能低下」よりも機能がよすぎるのでは?なんて思ってしまいがちです。しかし、あまりにも生理周期が短い人の場合は「排卵」までの期間が短すぎるため正常な排卵が起こっていない可能性があるのです。これは排卵障害にも繋がっていきます。

・ストレスによる女性ホルモンの崩れ

普通の人は何らかのストレスを常に抱えていますが、大きなストレスを抱えすぎると女性ホルモンの崩れが生理周期の崩れに繋がってきます。不規則な生活、運動不足、食生活の乱れ、睡眠不足、過剰なダイエット、これらの要因に一つでも当てはまる人は改善するように心がけましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)