生理遅れチェック!生理の1週間・2週間・3週間遅れ、1ヵ月・2ヵ月遅れから分かる事

生理遅れチェック!生理の1週間・2週間・3週間遅れ、1ヵ月・2ヵ月遅れから分かる事

生理が1週間遅れ、2週間遅れとくると妊娠したのでは?と思いますよね。

しかし、妊娠検査薬を使っても陰性の場合、それでも生理が3週間遅れ、1ヵ月遅れ、2ヵ月遅れ…となると不安ばかりが募る一方です。

そこで、今回は生理が遅れている周期ごとに解説してきます。

生理の1週間遅れは許容範囲?

いつもの生理予定日よりも生理が遅れていると不安になりませんか?

それが1週間も遅れていれば「もしかして妊娠?」と考えるはずです。

妊娠していないのに1週間遅れってあり得る?

結論から言うと、妊娠していないのに生理が1週間遅れるということはよくあることです。

むしろ、1週間の生理の遅れは許容範囲であり、生理不順にも該当しません。

・大きな仕事をしている
・人間関係がうまくいっていない
・いつもと違う環境で過ごしている
・ダイエットをしている

ただ、このようなことだけで女性は敏感にストレスを受けて生理が遅れてしまうのです。

1週間待って生理が再開したのであれば、特に心配する必要はないでしょう。

生理が2週間遅れている場合に考えられること

生理が1週間遅れているだけなら、「もう少し待とうかな」と思いますが、さすがに2週間もとなると不安が大きくなりますよね。

毎月あると煩わしく感じる生理ですが、2週間ともなると早くきてほしいというのが本音です。

妊娠しているのかも!

生理予定日よりも2週間遅れている場合、妊娠の可能性を考えてみましょう。

妊娠超初期症状が見られるのであれば、婦人科で検査を受けることが大切です。

・下腹部痛
・腰痛
・強い眠気
・微熱
・風邪をひいているような症状
・倦怠感
・むかむか
・つわり

症状の出方は、個人により異なりますが上記のような症状が一般的です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)