生理が早い原因は体重?痩せた、太った、どっちが影響?妊娠の可能性は?

生理が早い原因は体重?痩せた、太った、どっちが影響?妊娠の可能性は?

生理がいつもより早いとびっくりしますよね。

生理が遅れるのも嫌ですが、早くきてしまうのも不安です。

生理周期の早い・遅いの変動は体重と関係が深いと言われていますが、痩せた場合、太った場合でどのように変わるのか知りたいですよね。

そこで、今回は生理が早くきてしまう原因について紹介していきます。もしかしたら、妊娠!?という可能性も否定できないのです。

生理がいつもより早い原因

生理がどのくらい早くきてしまったか?ということも重要ですが、生理がいつもよりも早い原因には以下のようなことが考えられます。

無月経排卵

生理が起こるには、排卵が必要です。

しかし、中には排卵がないのにも関わらず出血だけが起こるということもあります。

もし、月に2回生理がきてしまったのであれば、一つが正常な生理でもう一つは排卵のない無月経排卵という可能性が高いでしょう。

女性ホルモンバランスの崩れ

女性ホルモンのバランスが崩れると、生理が遅れたり止まったりということが考えられます。

しかし、ホルモンバランスが崩れた結果、生理が早くくるというケースもあります。

不正出血

生理の出血ではないケースです。

ストレスなどでも起こり得ますが、子宮や卵巣の病気が原因のことも多くあります。不安な人は、病院で検査を受けることをおすすめします。

自然流産

これも、生理の出血ではないパターンです。

妊娠が発覚する前に自然に流れでてしまうことがあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)